本文へジャンプ

ナビへジャンプ

FASHION

東京it girlsの着回しリレー/Vol.32 ラブリ

of 12
  • おしゃれを熟知したit girlによる着回し連載。今回はキュートなルックスとトーク力を武器に、雑誌やテレビなど多方面で活躍中のラブリが担当! 彼女が着回しアイテムに指名したのは、今季話題のバンダナ柄をフィーチャーした「DIESEL(ディーゼル)」のロングドレス。ミニマルな私服と組み合わせながら、玄人感たっぷりのセルフスタイリングを披露。実力派おしゃれアイコンとして名を馳せる彼女の、今のフィーリングをしっかりキャッチして。
  • 「着こなしのマイルールは……新しいものだけで全身を固めないこと」とラブリ。ドラマチックな「DIESEL(ディーゼル)」のロングドレスは、スタイリストから譲り受けたヴィンテージのタートルニットで、シックな香りづけを。「ミュールバウアー」のファーキャップと「フット ザ コーチャー」のレザーシューズは青山のスーパーエーマーケットで購入したもの。どちらもクラフトマンシップを感じるお気に入りの逸品なのだそう。

    着回しアイテム:ドレス¥38,000/DIESEL(ディーゼル ジャパン) その他/モデル私物
  • 開放感のあるドレスをモードに引き締める「サンローラン」のベイビーダッフル。「ヴィンテージのMIXスタイルが好きですが、バッグや靴はハイブランドのものを合わせることが多いかな。30歳になっても使えることを想定して、じっくりと吟味しながら自分に合ったものを探します」

    着回しアイテム:ドレス¥38,000/DIESEL(ディーゼル ジャパン) その他/モデル私物
  • 「DIESEL(ディーゼル)」のバンダナ柄のドレスは、キャミワンピとフロントタイシャツが一体となったユニークなレイヤードデザイン。袖はウエストで結んでニュアンスをつけてもいいし、もちろん腕を通して羽織りとして着用するのも◎。コーデの方向性によって2wayアレンジを楽しめる。

    着回しアイテム:ドレス¥38,000/DIESEL(ディーゼル ジャパン) その他/モデル私物
  • 続いて提案してくれたのはラブリ流の都会的なボーホールック。「DIESEL(ディーゼル)」のロングドレスを「77サーカ」のビッグトレンチで包み込んだ、気だるいマッチングがなんとも粋。ドレスはあえてレイヤードせず素肌に直接まとうことで、抜け感のある大人っぽい表情に。トレードマークの眼鏡は「オリバーピープル」。「これは色も形もすべてがパーフェクト。失くなったら困るので常に在庫をチェックしています」

    着回しアイテム:ドレス¥38,000/DIESEL(ディーゼル ジャパン) その他/モデル私物
  • 「だぼっとしたルーズなアウターが好きで。この77サーカのトレンチはまさに理想的な形でしたね。私は中にワンピースだったり、華奢なものを合わせることが多いです」。後ろのケープからチラリと覗く赤いバンダナの装飾が、ドレスの色とさりげなくリンクしキュートなスパイスに。

    着回しアイテム:ドレス¥38,000/DIESEL(ディーゼル ジャパン) その他/モデル私物
  • 出かける際はフィルムカメラも一緒に。愛用しているのは中古カメラ屋で見つけたオリンパスの「エクリュ」。「風景や人など色々と撮影しますが、特に好きなのが男の人の手(笑)。年齢や職業関係なく、気になった方に声をかけ撮らせてもらいます」。プラットフォームが印象的なサンダルは「セリーヌ」のもの。

    着回しアイテム:ドレス¥38,000/DIESEL(ディーゼル ジャパン) その他/モデル私物
  • 3着目にしてやっと出会ったというフィット感抜群の「ビューティフルピープル」のライダースで、最後はロックマインドを感じさせるスタイリングに。ジャケットのフロントを閉め、ドレスをスカートっぽく見せることで、マンネリにならない着こなしを提案。足元のヒールブーツは「ミュウミュウ」。「靴や小物はつい黒で揃えがち(笑)。同じ色でも素材や形が異なれば印象も変わるので、どのアイテムも私にとっては新鮮なんです」

    着回しアイテム:ドレス¥38,000/DIESEL(ディーゼル ジャパン) その他/モデル私物
  • 手元には友人のドナルド氏が手がけた、一風変わったチェーンブレスを。「若い頃は全身ブランドとか、逆にヴィンテージだけで固めたりとか、1つのテイストに縛られることが多かったけど、いろんなファッションを試すうちに、やっと自分らしいMIX感というものがわかってきましたね」

    着回しアイテム:ドレス¥38,000/DIESEL(ディーゼル ジャパン) その他/モデル私物
  • 日々感じたことを、写真や絵、言葉で日常的にプットアウトしているラブリ。持ち物も「オリンパス」のカメラや「マルマン」のクロッキー帳、「ペンテル」のペン、そして文庫本や付箋など、アートと知性を感じさせる内容に。スマホカバーは「オジャガデザイン×スコロクト」のコラボデザインで、「ボーズ」のノイズキャンセリングヘッドホンを付けて愛用中。鍵は友人のLA土産でもらったエスニックなポーチには収納。「シャネル」のリップクリームや「サンローラン」のグロスほか、長年使い続けている「キールズ」のエッセンスオイルも必需品。

    すべて/モデル私物
  • ラブリは日本×フィリピンのハーフ。18歳のときに愛媛から上京し、スカウトされたのを機に芸能活動をスタート。その後は雑誌の専属モデルも務め、同世代から熱烈な支持を獲得。センスの良い写真&独特の文体で綴られるSNSも評判で、近年ではそのクリエイティブな才能でも注目を集めている。「昔から言葉や絵で自分を表現するのが好きで。今年は絵本と詩集という形で発表できればと思っています。同時に個展も開催する予定! いまは時間を見つけてはコツコツと制作しています」。新たな一歩を踏み出した彼女に、精一杯のエールを送りたい。
  • 関連記事サムネイル

PHOTO : MUNEHIRO SAITO(S-14) TEXT : YURI TANAKA MODEL : LOVELI

FromVOGUE