本文へジャンプ

ナビへジャンプ

FASHION

Swiftie KURUMIがテイラー・スウィフトの「THE 1989 WORLD TOUR」東京公演を来日から帰国まで追っかけ!

2015年5月5日と6日の2日間にわたって開催された、テイラー・スウィフトの「THE 1989 WORLD TOUR」来日公演。東京ドームからキックオフされた同ツアーは、海外のファンやメディアも大注目。ライブの見どころからテイラーの日本での過ごし方まで、編集部アシスタントを務めるSwiftieのKURUMIが解説!

of 15
  • PHOTO : AFLO/REX FEATURES
    PHOTO : AFLO/REX FEATURES

    8度目の来日

     

    両親と一緒にLAXから成田空港に到着。珍しく「ルイ・ヴィトン」の新作バッグを持ったテイラーはブラックのワンピースに赤いリップ、ネイル、ペディキュアを合わせた定番スタイルで登場した。空港にはいつも通り多くのファンが集まり、テイラーも感激した様子で自分のiPhoneでファンを撮影。笑顔でサインをしてまわった。テイラーと同じくファン思いのパパ・スコットやママ・アンドレアは1989ツアーエディションのギターピックを配っていたそう。

  • PHOTO : INSTAGRAM (TAYLOR SWIFT)
    PHOTO : INSTAGRAM (TAYLOR SWIFT)

    ライブ前日の過ごし方

     

    午前中は日本でお気に入りのショッピングスポット「新宿伊勢丹」へ出向き、日本人アーティストによる“Teardrops”と名付けられた絵を購入。その後はバンドやダンサーらと合流し、ライブステージが組み立てられたばかりの東京ドームへ視察に。夜にはセレブに人気の都内の炉端焼きレストランを訪れ、アツアツの車海老に手こずりながらも日本食を堪能。

  • INSTAGRAM (VOGUE GIRL JAPAN)
    INSTAGRAM (VOGUE GIRL JAPAN)

    プレショーM&Gを開催

     

    初日の2015年5月5日のみ、日本のオフィシャルサイトから当選したラッキーなファン10名とプレスを招待してライブ前のミート&グリートを開催! VOGUE GIRLからは編集長が招待して頂き、Kaylorが表紙のVOGUE GIRL最新号別冊付録にばっちりサインをもらいました。それぞれのグループがテイラーと撮影&1分間ほどグリートした後には、なんとママ・スウィフトによる恒例のバックステージツアーが。機材の並ぶ舞台裏や、ダンサーの楽屋を案内してもらったそう。羨ましすぎる~!

  • PHOTO : KURUMI ITO
    PHOTO : KURUMI ITO

    「THE 1989 WORLD TOUR」ついに開場!

     

    16時に東京ドームが開場。カルヴィン・ハリスとハイムのコラボ曲“Pray to God”をはじめ、カニエ・ウエストの“All Day”やダッシュボード・コンフェッショナルの“Hands Down”といったテイラー・チョイスの曲が流れる中、ステージ両脇のスクリーンではテイラーやファンから寄せられたビデオを放送。会場内には自身が広告塔を務めるシューズブランド「Keds」や「Taylor Nation」によるフォト・ブースも出現し、開演までファンを楽しませた。ライブ後には、こちらのブースで撮影されたテイラー・ファッションのファンの写真数枚がUSオフィシャルサイトで紹介されるというサプライズも。(実は私の写真も掲載されていたので驚き!)そして開演時間である18時45分ピッタリに流れたカルヴィン・ハリスの“Feel so Close”を合図に会場が暗転、いよいよツアーの幕開け!

  • PHOTO : GETTY IMAGES
    PHOTO : GETTY IMAGES

    Welcome to New York/New Romantics

     

    気になるオープニングは、アルバム『1989』のトラックリストでも1曲目に収められている“Welcome to New York”。ブラックのキラキラビスチェにパープルのスカート、シルバージャケット(2日目はグリーンのスカートにレインボーのジャケット)を羽織ったテイラーが現れるとオーディエンスからは大歓声が。1曲目のこちらの衣装は、色違いが何パターンか用意されており、アメリカ公演でも毎晩違った組み合わせで登場。「コンバンワ、トーキョー!」と日本語で挨拶し、ダンサー達と“New Romantics”を続けて披露!

  • PHOTO : GETTY IMAGES
    PHOTO : GETTY IMAGES

    Blank Space

     

    ミュージックビデオも大人気の“Blank Space”では「BRIT AWARDS」でのパフォーマンスを再現。狂った演技のテイラーに観客も大興奮! ビデオにも登場したゴルフクラブを振り回し、床に叩き付け「トーキョー!」と叫ぶとその声が場内に反響。エコーに合わせて歌うという、序盤からアイディアいっぱいのパフォーマンスに。また、あらかじめ観客全員に光るブレスレットが配られていて、曲に合わせて7色にライトアップ。東京ドームが幻想的な光の海に包まれた。

  • PHOTO : AFLO/BROADIMAGE
    PHOTO : AFLO/BROADIMAGE

    I Knew Your Were Trouble/I Wish You Would

     

    4曲目にして、前作アルバム『RED』から “I Knew Your Were Trouble”がセトリ入り。「FEARLESS TOUR」で着用した、ブラックドレスをアレンジしたようなデザインのセットアップがクール。「私が小さい頃やティーンエイジの頃に観た映画から恋愛について多くのことを学んだわ。」というMCの後に“I Wish You Would”へ! セットチェンジがされる間には、スクリーンにセレーナ・ゴメズやカーリー・クロス、レナ・ダナムらテイラーのBFFに加えて、相猫のメレディスやオリヴィアまで登場。テイラーとの友情についてジョークを交えて語ってくれた。

  • PHOTO : KURUMI ITO
    PHOTO : KURUMI ITO

    How You Get The Girl

     

    NYがひとつのテーマである「THE 1989 WORLD TOUR」。バックスクリーンには雨降るブルックリンブリッジが映し出され、ピンクのセットアップドレスに身を包んだテイラーが登場。とびきりガーリーなこちらの衣装や、ダンサーのスーツ、傘にはLEDライトが取り付けられていて、“How You Get The Girl”を歌う間キラキラとライトアップ。

  • PHOTO : KURUMI ITO
    PHOTO : KURUMI ITO

    I Know Places/All You Had To Do Was Stay

     

    続いても「FEARLESS TOUR」に登場したホワイトドレスをオマージュしたようなセットアップに、黒のニーハイブーツといったセクシー衣装で登場。手にはラインストーンでデコレーションされた“1989”マイクが。“I Know Places”と“All You Had To Do Was Stay”でそれぞれダンサーのひとりを相手役に、息の合ったパフォーマンス。

  • PHOTO : AFLO/SPLASH
    PHOTO : AFLO/SPLASH

    You Are In Love/Clean/Love Story

     

    ブラック×ブルーのビスチェにパンツスタイルのテイラーがギターを持って現れると会場からは大歓声が。“You Are In Love”ではオーディエンスがエコーパートを担当。3階席に近づいた可動式花道の上でギターを演奏するテイラーと会場が一体に。“Clean”前のスピーチでは「あなたはあなたの失敗からできているわけじゃないの。あなたは不良品でもなければ、失敗に終わった挑戦の価値でもない。あなたのことを知らないだれかの意見がすべてでもないの。」と失恋の痛みについて語ったテイラー。(私はここで号泣しました。)また、自身が17歳の頃に書き上げたという『FEARLESS』アルバムからの “Love Story”では、以前の記事の予想通り回転する花道の上でキーボードを弾き、バックコーラスに合わせてパフォーマンス。

  • PHOTO : AFLO/SPLASH
    PHOTO : AFLO/SPLASH

    Style/This Love

     

    “Style”ではキラキラのミニ丈ドレスを着用。赤×黒のスーツを着たダンサーがローラーシューズを履いて花道を滑るなか、曲の途中では日本人ダンサーの有働真帆さんも紹介。今回のツアーでは、いつにもまして流暢な日本語を披露してくれたテイラー。有働さんから日本語のレッスンを受けていたかも!? また、毎回ツアーでバンドやダンサーひとりひとりの見せ場を用意。“This Love”ではバックコーラス4人と並び、感動的に歌いあげた。

  • PHOTO : KURUMI ITO
    PHOTO : KURUMI ITO

    Bad Blood/We Are Never Ever Getting Back Together

     

    豪華キャストのミュージックビデオも話題、“Bad Blood”ではハードなレザー衣装を着用。ダンサーによるとこの時の衣装が特にお気に入りだとか。続けて“We Are Never Ever Getting Back Together”をロック・バージョンにアレンジして披露。「私の曲よりクールなインディ・アルバムとか聴いているんでしょ!」とシャウトすると会場のボルテージもマックスに! テイラーの「イチ・ニ・サン」という掛け声に合わせてステージと会場が一体となって「Oooh!」

  • PHOTO : AFLO/SPLASH
    PHOTO : AFLO/SPLASH

    Enchanted-Wildest Dreams/Out Of The Woods

     

    ステージに貝殻シェイプのグランドピアノが出現。シャンパンゴールドのスカートでピアノの前に座り、まるで海底で歌うマーメイドのようなテイラー。『Speak Now』アルバムからの“Enchanted”に“Wildest Dreams”をマッシュアップして弾き語り。実は“Wildest Dreams”はセックスについて歌った曲だとも言われており、セトリ入りしていたことに驚き。「彼ってすごく背が高くて、死ぬほどかっこよくて、ニクい奴だけどすっごくウマいの」という歌詞もマーメイド・テイラーが幻想的に演出。“Out Of The Woods”では同衣装のスカート部分がはずれ、キラキラのボディスーツに早変わり。紙飛行機型の紙吹雪が舞う中、エコーを効かせたロングバージョンで熱唱。

  • PHOTO : AFLO/SPLASH
    PHOTO : AFLO/SPLASH

    Shake It Off

     

    ラストはやっぱりこの曲。360度回転する花道の上でグリーンのフリンジドレス(2日目はブルーのセットアップ)を着て“Shake It Off”すると、会場はダンスフロアに。2日間で11万人以上を動員した、夢の「THE 1989 WORLD TOUR」東京公演は幕を閉じた。5日のライブの後には“LOFT ‘89 ”と呼ばれるテイラー・ライブ恒例のアフターパーティーを開催。会場からランダムに選ばれたファンが招待され、ピザやドリンクが用意されたバックステージで、テイラーをはじめバンドメンバーやダンサー達と交流したそう。そして、6日のライブ後に帰国したテイラー。「The 1989 World Tour」東京公演の後は北アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアを周る予定!

  • PHOTO : INSTAGRAM (TAYLOR SWIFT)
    PHOTO : INSTAGRAM (TAYLOR SWIFT)

    セットリストはこちら!

     

    1. Welcome To New York

    2. New Romantics

    3. Blank Space

    4. I Knew You Were Trouble

    5. I Wish You Would

    6. How You Get the Girl

    7. I Know Places

    8. All You Had To Do Was Stay

    9. You Are In Love

    10. Clean

    11. Love Story

    12. Style

    13. This Love

    14. Bad Blood

    15. We Are Never Ever Getting Back Together

    16. Enchanted & Wildest Dreams

    17. Out of the Woods

    18. Shake It Off

  • PHOTO : AFLO/REX FEATURES
  • PHOTO : INSTAGRAM (TAYLOR SWIFT)
  • INSTAGRAM (VOGUE GIRL JAPAN)
  • PHOTO : KURUMI ITO
  • PHOTO : GETTY IMAGES
  • PHOTO : GETTY IMAGES
  • PHOTO : AFLO/BROADIMAGE
  • PHOTO : KURUMI ITO
  • PHOTO : KURUMI ITO
  • PHOTO : AFLO/SPLASH
  • PHOTO : AFLO/SPLASH
  • PHOTO : KURUMI ITO
  • PHOTO : AFLO/SPLASH
  • PHOTO : AFLO/SPLASH
  • PHOTO : INSTAGRAM (TAYLOR SWIFT)
  • 関連記事サムネイル

 

Profile: KURUMI
Born in 1994. 東京出身。テイラーのライブに行くことが人生のハイライト。2015年8月には「THE RED TOUR」以来のLA・ステープルズセンターにて、「THE 1989 WORLD TOUR」に再び参戦。そのため編集部からも近い某アパレルブランドにて新たなアルバイトも始め、テイラー貯金中。日本とはまた違う会場の様子から、グラミーミュージアムでの特設展示「THE TAYLOR SWIFT EXPERIENCE」までレポートするのでお楽しみに!

FromVOGUE