本文へジャンプ

ナビへジャンプ

FASHION

金曜の夜はaggiiiiiii散歩 第24回「もっと知りたい! ジア・コッポラ」

前回こちらでご紹介した映画『パロアルト・ストーリー』。監督のジア・コッポラについて、知れば知るほど彼女のことが好きになっていく〜! 世界的に有名なコッポラファミリーに生まれた生粋のお嬢様だというのに、インスタグラムや数々のインタビューから垣間見える彼女のライフスタイルにはちっとも浮ついたところがなく、むしろ普通。生まれもった品のよさと、地に足のついた落ち着きぶりは叔母のソフィアゆずりですが、等身大の生活を楽しんでいる28歳のジアにはなぜか友だちのような親しみさえ覚えてしまいます。

giamain

生まれながらに恵まれた人生を与えられたかのように見えるジアですが、けしてここまで苦労知らずのとんとん拍子というわけではなかったよう。父親のジャン・カルロ・コッポラ(ソフィアとローマンの兄ですね)はジアがまだ母親のお腹にいるときに不幸なボート事故で亡くなっており、その7ヶ月後に生まれた彼女は父親にちなんでジャン・カルラ・コッポラと名づけられました。引っ込み思案のジアは、母親や祖父のフランシス・フォード・コッポラをはじめとする親戚たちに守られながら大事に育てられましたが、才能あふれる家族や有名すぎるファーストネームをプレッシャーに感じることもあったそうです。そんな彼女は家族の映画製作を手伝いながらも、大学で写真を学んだ後はいったんバーテンダーになることを選びます。

しかしそうは問屋がおろさなかった! 偶然出会ったジェームズ・フランコに作品を気に入られ、彼の小説の映画化を手がけることになったのは前回ご説明したとおり。運命的に祖父や叔母とおなじ映画監督への道を歩むきっかけとなったジアの写真は、彼女のタンブラーでもチェックすることができます。(ジアの撮った『パロアルト〜』のオフショットみたいなやつもすごくすてき!)またジアは、ロサンゼルスにあるギャラリーに所属するアーティストでもあるので、そこではじっさいに彼女の作品を80ドル〜と手のとどく価格で購入することも可能。ちょうど自宅に写真や絵を飾りたいなあと思いはじめたところなので、個人的にかなり興味あり! ちなみにお寿司を撮った作品もあるし、ジアは絶対に寿司好きなはず。インスタでも「ひとりでお寿司食べてる〜」ってポストがあったし、来日の機会があればぜひお気に入りのお店を見つけてほしい!

最近のジアは、ファッションブランド「ロダルテ」のイメージキャラクターになったほか、今もっとも注目されるカナダの若手監督グザヴィエ・ドランと雑誌の企画で共演したり、レナ・ダナムとも意気統合するなど、同世代のクリエイターとのつながりもどんどん広げている様子。ふだんのゆるいTシャツ姿もかわいいし、キメ服のサンローランも似合う、ますますこれからの活躍を追っかけていきたいイットガールなのです。

■Tumblr giacoppola.tumblr.com

■TAPPAN COLLECTIVE http://www.thetappancollective.com/gia-coppola.html

 

Illustration : aggiiiiiii
*************************
aggiiiiiii(アギー)
兵庫県生まれ、東京在住。2007年よりオルタナティブカルチャージン『KAZAK』をはじめ、2013年にはソフィア・コッポラ監督『ブリングリング』のオフィシャルファンジンも手がけた。とりあえずなんでもDIYでやろうとする。旅行が好き。www.kazakmagazine.blogspot.jp

 

FromVOGUE