本文へジャンプ

ナビへジャンプ

FASHION

KATEに学ぶ、スポーツMIXで乗り切る冬の30日着回しコーディネート

スポーツ&ストリートのバイブスを取り入れた着こなしが信条のKATEはVOGUE GIRLのファッションエディター。私服プラス、スニーカー、ニット、コートなど、KATE的エッセンシャルアイテムを5点加えて、30日分の着回しコーディネートをお届け。

of 31
  •  
     

    VOGUE GIRLのファッションエディター、KATE。スポーツ&ストリートのバイブスを取り入れた、アーバンシックな着こなしが信条。スニーカー、ニット、コートなど、KATE的エッセンシャルアイテムを5点で、30日分の着回しコーディネートをお届け。

  • バッグ¥142,000/COACH(コーチ・カスタマーサービス・ジャパン)
    バッグ¥142,000/COACH(コーチ・カスタマーサービス・ジャパン)

    春夏までトレンドが継続確実なフリンジのバッグ。重厚感のあるレザーに一目惚れ!

  • SPECIAL THANKS: サタデーズ サーフ ニューヨーク
    SPECIAL THANKS: サタデーズ サーフ ニューヨーク

    リラックスムード漂う「COS」のニットワンピースを着た、休日スタイル。「クロスボディタイプのバッグはハンズフリーになれるから、遊びに行くときにぴったり!」

  • SPECIAL THANKS: ヒルサイド パントリー
    SPECIAL THANKS: ヒルサイド パントリー

    「フル カウント」のメンズ用ミリタリージャケットと、土っぽいフリンジバッグがベストマッチ。「ボトムスは、夏も冬もLOVEな、ホワイトデニムで爽やかにまとめました」。

  • 「ミニスカートはガールズ同士のナイトアウトだけ。たまにね」とKATE。オールブラックでまとめた大人なコーディネートに、フリンジの素材感をアクセントに取り入れて。

  • 「さらりとニットを着こなせる女性が嫌いな人なんていないよね?」。シンプルなスタイリングのときこそ、バッグや小物で個性をプラスするのがおしゃれの鉄則。

  • お気に入りのバッグをお供に、代官山でぶらりショッピング。ざっくり編みの「ザラ」のニットコートには、ハイゲージの「ジョン・スメドレー」のタートルネックをレイヤード。

  • スニーカー¥12,000/NIKE(ナイキ カスタマーサービス)
    スニーカー¥12,000/NIKE(ナイキ カスタマーサービス)

    スニーカー・アディクトなKATEのお気に入りに今季仲間入りしたのが「ナイキ フリー フライニット 4.0」。まるでニットのようなハイテク素材と鮮やかな配色が魅力。

  •  
     

    「シュプリーム」のさくらんぼ柄ニットと足元のスニーカーをカラーコーディネート。「メンズのニットに、レディなミドル丈のスカートを合わせて、あえての”脱ストリート”アレンジも新鮮でしょ?」

  • 撮影や取材などでハードな一日には、“JUST DO IT”のロゴが眩しいタイツ&動きやすいスニーカーの出動! 「カルヴェン」のウールコートを羽織り、”シティガール meets スポーツ”の最新KATEスタイルが完成。

  •  
     

    ジムに行くときも、そのまま寄り道できるくらい、街着のエッセンスをプラス。「スポーツ用の柄タイツを普段着にするのがマイブーム!」。何年も愛用している「シャネル」のデニムバッグを斜め掛けにしてアクティブに仕上げて。

  •  
     

    天気がいい日は、自転車に乗って遠くまでサイクリング。大好きなデニムに合わせて、「サタデーズ サーフ ニューヨーク」のニットもシューズもブルーでカラーコーディネート。

  •  
     

    「今年はこんなスリークなストリートスタイルが気分」。おしゃれボーイズから絶大な人気の「C.E」のブルゾンに「ザラ」のミニマルなブラックワンピースを合わせ、スニーカーを差し色にトッピング。

  • コート¥29,900(税込)/ZARA(ザラ・ジャパン)
    コート¥29,900(税込)/ZARA(ザラ・ジャパン)

    ハンサムシルエットのチェスターフィールドコートは、トレンド最前線に昇格したマストアイテム。ダンディなヘリンボーン柄をチョイスして。

  •  
     

    お得意のデニムONデニムのコーディネートの上に、マニッシュなコートをさらりとONしたノンシャランなスタイル。「数年前に買った『D&G』のタイトなデニムJKは、DIYで付けたパッチと女性らしいタイトシルエットがお気に入り」。

  •  
     

    真っ白のワンピースにチェスターフィールドコート、「エルメス」のスカーフを頭に巻いたパリジェンヌ風の着こなし。「こんなときも、足元はスニーカーで外すのが私らしいバランス」。

  •  
     

    NIKE iDで”ALOHA”の文字をカスタムしたという自慢のエアジョーダンを主役にするため、この日はアウターからボトムスまでモノトーンでミニマルに。ブラックデニムは「BLK DENIM」を愛用中。

  •  
     

    かっちりした印象のチェスターフィールドコートをドレスダウンして楽しむのがKATE流。襟元に世界中で集めたピンバッジをつけて、簡単DIY!

  •  
     

    「トラッドなコートとスポーティな『ナイキ』のタイツ。テイストが異なるアイテムでコントラストをつけるのが新鮮だよね!」。難易度の高い組み合わせも、黒ベースにまとめることで不思議としっくり!

  • デニム¥23,000/DIESEL(ディーゼル・ジャパン)
    デニム¥23,000/DIESEL(ディーゼル・ジャパン)

    腰&腿回りはスキニー、膝下はストレートと、スキーとストレートデニムのいいとこ取りをしたこちらの一本は、今まさに気分なシルエット。こなれたウォッシュ加工も高ポイント!

  • ボーイフレンドに借りたようなオーバーサイズのニットに、ロールアップしたデニムとヒール靴を合わせたKATE流の”モテ服”。「男性っぽいトップスが、華奢なパンプスやくるぶしなど、女性らしいポイントを引き立ててくれるの」。

  • 「大好きなものをぎゅっと詰め込んだ、いつものMYスタイル」。アメリカの古着屋で9ドルで購入したというウィンドブレーカーに、エアジョーダン、ブルーデニムを合わせて、気分はUSA代表のバスケットボールチーム!

  •  
     

    「着るだけでモチベーションがあがるの」と言うマンダリンオレンジのように鮮烈な「バレンシアガ」のジャケットはブルーデニムとベストコンビ。「シュプリーム」の白Tと「コンバース」のスニーカーでラフに着こなして。

  •  
     

    「男友達とスケートに行くときは、ガチでボーイズルックで行くよ!(笑)」。「チャンピオン」のカモフラ柄コーチジャケットに「ヴァンズ」のオールドスクール リイシュー、「ステューシー」のバケットハットをかぶった、男子顔負けのルック。

  •  
     

    お気に入りのジャージに、デニムとバッシュを合わせて、友達とまったり。「アメリカのティーンがしてそうな、こんなレイドバックなスタイルが昔から大好き」。

  • ニット¥46,000/ACNE STUDIOS(アクネ ストゥディオズ アオヤマ)
    ニット¥46,000/ACNE STUDIOS(アクネ ストゥディオズ アオヤマ)

    シンプルな黒ニットこそ、素材感とシルエットがものを言う! メンズライクに着られるビッグシルエットがKATE好み。

  •  
     

    「デートのときも、媚びないスタイルが信条」。アウター&ニットはビッグシルエット、ボトムスは女性らしいラインを強調してくれる白のスキニーデニムでクールに装って。

  •  
     

    「帽子やスカーフなど、頭まわりの小物ばかり集めちゃうの!」というKATE。シンプルなニットにカラフルな「エミリオ プッチ」のハンチング帽をON。ニットと帽子の柄を黒でリンクさせたのがポイント。

  • スポーツウェアのハイテク素材と、コージーなニット素材を掛け合わせるのが今の気分! タイツ&シューズは「ナイキ」、ビーニーは「サタデーズ サーフ ニューヨーク」で購入。

  •  
     

    腰ばきしたボーイフレンドデニムに、きれいなニットを合わせて。ストリートウェアにモードなニットを一点投下すると、ぐっと洗練された印象に。

  •  
     

    ルーズシルエットのトップスには、ブーツINしたスキニーデニムを合わせて、メリハリのあるシルエットを実現。同系色のキャスケット帽を合わせてシックに決めて。

  •  
  • バッグ¥142,000/COACH(コーチ・カスタマーサービス・ジャパン)
  • SPECIAL THANKS: サタデーズ サーフ ニューヨーク
  • SPECIAL THANKS: ヒルサイド パントリー
  • スニーカー¥12,000/NIKE(ナイキ カスタマーサービス)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • コート¥29,900(税込)/ZARA(ザラ・ジャパン)
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • デニム¥23,000/DIESEL(ディーゼル・ジャパン)
  •  
  •  
  •  
  • ニット¥46,000/ACNE STUDIOS(アクネ ストゥディオズ アオヤマ)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 関連記事サムネイル

PHOTO: TOSHIO OHNO   HAIR: MIRI SAWAKI

 

FromVOGUE