本文へジャンプ

ナビへジャンプ

ロックなバイブスがCOOL! イヴ・サンローラン・ボーテの新ミューズ、スタッズの魅力に接近!

PHOTO: CLARA BALZARY

ロックなバイブスがCOOL! イヴ・サンローラン・ボーテの新ミューズ、スタッズの魅力に接近!

ロンドン生まれカリフォルニア育ち。幼い頃から音楽とヴィンテージファッションに囲まれて育ったスタッズ・リンデスは、数多くの雑誌やランウェイで活躍するファッションアイコンでありながら、DIYミュージックシーンで旋風を巻き起こすパンクバンド「ザ・パラノイズ」のヴォーカル兼ベーシストだ。この度、イヴ・サンローラン・ボーテのミューズに着任した彼女を来日中にキャッチ。60-70年代を彷彿とさせるレトロガーリィなファッションや、遊び心いっぱいのメイクアップ術など、クールなセンスの源に大接近!


BEAUTY CONFESSION

PHOTO: SASHA MARRO

Q:移動時間が長く、時に過酷なバンドのツアー…どうやって美容&体調のマネージメントをしているの?
「毎日たくさんの水を飲むことと、化粧水やココナッツオイルでしっかりと肌を潤すことが大事。ココナッツオイルはオイルプリング(うがい)にも使用。食生活が乱れやすいツアー中は、プロバイオティクス、ビビスカル、植物性コラーゲン、フィッシュオイルなどのサプリで栄養を補充しながらも、魚菜食主義とクリーンイーティングを日々、心がけている」
 

Q: オンステージのときのプレイフルで大胆なメイクがとっても印象的! スタッズ流メイクのアイディアソースは?
「事前プランがあるわけではなく、気分に合わせてランダムにメイク。コツは完璧を目指すのではなく、汗だくになって崩れても様になるように、勢いよくクイックに仕上げること。メイクって単純にキレイってことだけでなく強さやインパクトが大事なときもあるから」
 

Q: トップメイクアップアーティストたちと仕事をすることが多いと思うけれど、最近覚えたお気に入りのメイクテクニックを教えて!
「イヴ・サンローラン・ボーテのメイクアップ アンバサダーになってからキャンペーンビジュアルの撮影ごとに、いつも新しいアイメイクのデザインを学んでいるわ。はっとするくらい鮮やかなピンクの目もとや、クチュールカジャルを使った簡単キャットアイの作り方だったり、サンローランのお仕事をするようになってからメイクで遊べる幅がぐっと広がった」


LOVE FOR MUSIC

PHOTO: CLARA BALZARY

Q: 音楽に目覚めたのはいつ?
「音楽やアートに情熱的な両親だったので、母親のお腹にいる時からすでに音楽好きだったんじゃないかとかと思います。歩き初めてすぐに、ジミ・ヘンドリックスに合わせて踊っていたそうよ。中学生の頃から夜のライブに出入りすることを許されていたし、何か楽器をはじめたければ親はサポートしてくれたわ。ベースは11歳から、曲作りは14歳からずっと続けているの」
 

Q: 音楽もファッションも息ぴったり、 親友同士が集まったようなバンドが憧れですが、仲良しの秘訣は?
「ギターのレキシとキーボードのライラは幼い頃からの親友だし、私も高校生以来の仲。全員、きょうだいがいたり、なかには会社勤めのメンバーもいるから協調性や社会性もあるのだと思う。言いたいことを正直にぶつけ合える関係よ。音楽のビジョンはもちろん、洋服の貸し借りに笑いのツボまで共有できる親友同士のようなメンバーと組めてとてもラッキー」
 

Q: 最後に、これからの目標ややってみたいことは?
「曲作りをずっと続けていきながら、アジアにヨーロッパ、オーストラリアなどをツアーして回りたいわ。パラノイズのフルアルバムを出してくれるレーベルも見つかるといいわね! モデルとしてはクリエイティブな刺激をいっぱい吸収しながら、見ている人たちにとってもインスピレーションになれる存在でありたいと思う」


ASK STAZ!!

 

・私の名前はスタッズ・リンデス

・東京でもっとも「INSTAジェニック」だったのは、新宿パークハイアットからの眺め

・日本のキャラクターで一番好きなのはトトロ

・クローゼットを交換してみたい相手はデヴィッド・ボーイで、「THE SPIDERS OF MARS」のときにきていたジャンプスーツを借りたい!

・カラオケの18番はロイ・オービソンの「CRY」

・失恋ソングといえばシャノン&ザ クラムズの「DONE WITH YOU」

・バンドのメンバーからはRANDOM(=予測できない)性格だと言われる。

・日本の読者にひとこと…数ヶ月ごとに訪れたいくらい、日本が大好き! 今度はパラノイズで来日ライブをしたい!


スタッズになるための三種の神器を読者5名様に特別プレゼント。フローレスな立体スキンに、力強いキャットアイ、そしてグラマラスなリップを叶えるセット内容はこちら。

●鮮やかな発色の“リップマニュキア”。ルージュ ピュール クチュール ヴェルニ No.9
●気になる箇所をカバーしながらも顔立ちを際立たせる。ラディアント タッチ No.2
●スタッズ流のプレイフルなキャットアイに。アイライナー エフォシル No.1

詳しくは応募ページでチェック!

 

PHOTO: CLARA BALZARY, SASHA MARRO, INSTAGRAM (@YOSTAZYO) EDITOR: YUKIKO MOROOKA