VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail

モデルはみんな「美肌の秘訣は水を飲むこと」って言うけど、それって本当? 専門家がズバリ解答!

BEAUTY/WELLNESS
SHARE

モデルや女優が美肌の秘訣として必ず挙げるのが、“水を飲むこと”。でも本当にそれだけで、完璧な美肌が保てるのか、疑問に思っているガールも多いはず! そこで「New York Dermatology Group」のジェシカ・ヴァイザー皮膚科医に、水と美肌の関係をクエスチョン。毎日水をたっぷり飲んでいるガールはもちろん、そうでない人も今すぐチェックしてみて!

1

■水を飲んでも乾燥気味。それってナゼ?

人間の体の約60%が水分でできているというのは有名な話。では肌は? ヴァイザー医師によれば、肌の64%は水分で構成されているそう。でも大部分が外気にさらわれているため、水分が蒸発しやすい。さらに傷や乾燥している部分があると、そこから水分が抜けていってしまう。
「しかも水分は、年齢によって失われていくコラーゲンの生成にも大きな影響を与える成分なのです」とヴァイザー医師は説明する。できる限り水分を多く取って細胞をうるおすことが、ふっくらとしたツヤツヤ肌を手に入れるには必要なのだ。

■水はどのくらい飲めばOK?

水を飲む量は多ければ多いほど良いと聞くけれど、大量に飲めば20分おきにトイレに駆け込むような状態になってしまう。では、美肌のためにはどのくらいの量を飲めばいい?
「実は1日の正確な摂取量は決まっていません。なぜならその場の温度や湿度、高度、活動量、カフェインの摂取量などによって、適切な摂取量が変わるからです。でももし分からないという場合は、男性がグラス15杯分(約3.5L)、女性はカップ11杯分(約2.7L)という米国医学研究所の推奨量を目安にしてみましょう」

■水を飲むだけでは美肌にはならない!

確かに水は美肌や健康のために必要なものだけれど、それだけで理想のツヤ肌をもたらしてくれるわけではない。水を飲むとまずはじめに体の内側の臓器に吸収され、肝臓や腎臓に染み透って細胞をうるおし、それからやっと肌へと届くのだ。だから美肌のためには、水を飲むと同時にきちんとしたスキンケアも必要。
「天然のバリア機能である皮脂を落としすぎないことが第一のステップ。洗顔は、肌に優しい洗顔料やクレンジングオイルで優しく洗うようにしましょう。その後はヒアルロン酸が入った美容液や保湿クリームで細胞の水分をキープして、バリア機能をアップさせましょう」
また、寝室やオフィスのデスクなどに加湿器を置くと肌の保湿に◎。特に冬は必須アイテムとして用意するようにして。
水を飲む以外の水分補給も有効。「ベストな方法は、スイカやキュウリ、ズッキーニなど水分をたっぷり含んだ、明るいカラーの野菜やフルーツも一緒に食べること」とヴァイザー医師は説明する。これなら水分とともに栄養も摂れ、体の保水力もアップ!

■結局、スキンケアも水分摂取も大事ってこと!

水を飲むことは、体内をうるおし、健康な体をキープするためにとっても重要なこと。だけど肌の水分を維持するためには、それだけでは足りない。洗顔後やお風呂上がりには、即座に保湿クリームを塗ろう。濡れたスポンジの吸収力が優れているように、肌も湿ったままの方が浸透力が上がるのだ。
そして毎日、水分を十分に摂ることを意識して。たった1日で激変するわけではないけれど、日々続けていれば身体だけでなく肌の変化も感じられすはず!

FOLLOW US

VOGUE GIRL の最新情報を CHECK!

Swipe!
Swipe!