VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail

旬のラディアントスキンとカラフルメイクの楽しみ方!

【from ALLURE】春、肌の気分はどこまでも透き通るようなラディアントスキン。クリアで透明感ある肌に仕立てたら、メイクは大胆に色を使ってプレイフルに! 肌をパレットにして楽しむカラフルメイクなルックを海外ビューティ誌『ALLURE』よりピックアップ。各ルックを真似するための関連アイテムもご紹介。


パワーあふれるオレンジカラーを、目元に大胆に効かせて新しい季節を迎えたい。マットなオレンジカラーは、指でまぶた広めにラフに伸ばして。メイク全体に一体感を出すため、オレンジニュアンスのチークを両頰と鼻先にひと塗りなじませ、マットなオレンジベージュのリップで仕上げれば、パワフルなサンセットルックが完成。

トレンドのフューシャピンクを主役にするなら、オイルのようなツヤ感リップをセレクト。輪郭をふちどり唇を際立たせたら、リップのツヤとリンクさせるように、パーリーなグロウクリームで目の下の逆三角ゾーンとまぶたを囲んで。頬骨の高い位置には、にじむようなメタリックレッドのフェイスカラーを。メイク全体に濡れたようなツヤがプラスされて、ポップなルックが完成。

王道コーデのベージュアイカラーと赤リップは、真逆の質感を組み合わせてフレッシュな印象に。まぶたから眉下までの目まわりには、みずみずしい質感のベージュクリームシャドウを大胆に。目頭部分はノーズシャドウにまでシャドウを広げてキャッチアップな艶めきを。リップはプランプ効果のある下地を上下唇になじませたら、マットな朱赤を下唇だけにオン。

一瞬にしてモード仕様にアップデートできるのが、ベージュルック。ポイントは温かみを感じさせる色選び。肌色に溶け込むようなブラウンベージュのチークを顔全体になじませて、ほのかな血色感を引き出して。リップは肌色よりもワントーン赤みを帯びた色みをセレクト。叩き込むように指でなじませて血色を感じさせるセクシーなベージュリップ。目周りにパールをあしらえば、モードなのにエレガントなのに遊び心あるルックに。

肌に溶け込むようになじむゴールドは、ラディアントスキンとの相性バツグン。オイルのようなツヤが際立つクリームシャドウはアイホールから眉下まで大胆に塗り、目のキワから眉下に向かってのグラデーションアイに。リップはゴールドのきらめきが贅沢なブロンズグロスを全体に。ノーチークの代わりに、透明マスカラで眉の毛流れを強調させてゴージャスな中にパンクな気分を潜ませて。

お肌はパレット! そんな遊び心を感じさせるアーティなメイクは、大胆に鼻先にのせたグリーンのマルチカラーがポイント。塗りムラやガタ付きを防ぐよう、マスキングテープなどでアウトラインをとってから塗るのが正解。目の上から頬骨にかけてのCゾーンには、グロウクリームをなじませて濡れたようなツヤを出し、口元はビビッドなピンクのリキッドリップを。グリーンノーズが際立つルックが完成。

  • SHOP LIST

    アディクション ビューティ
    0120-586-683

    エレガンス コスメティックス
    0120-766-995

    クルー
    03-5643-3551

    ゲラン
    0120-140-677

    コスメデコルテ
    0120-763-325

    コーセー
    0120-526-311

    資生堂インターナショナル
    0120-81-4710

    ジョルジオアルマーニ ビューティ
    03-6911-8411

    スック
    0120-988-761

    スパークリングビューティー
    06-6121-2314

    TAT
    0120-59-1270

    M·A·C(メイクアップ アート コスメティックス)
    03-5251-3541

    ナーズ ジャパン
    0120−356−686

    ノアビューティー
    0120-386-333

    ベアミネラル
    0120—24-2273

    レ・メルヴェイユーズ ラデュレ
    0120-818-727

    ローラ メルシエ ジャパン
    0120-343-432

  • STAFF CREDIT

    PHOTO(MODEL):TANYA AND ZHENYA POSTERNAK
    TEXT:MIKA HATANAKA
    EDITOR:YUKIKO MOROOKA

FOLLOW US

VOGUE GIRL の最新情報を CHECK!

Swipe!
Swipe!