VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail

アシスタントエディターがセルフで挑戦! 市販カラー剤で髪色をチェンジ。【GET THE LOOK WITH ANNA.】

トレンドのメイクTIPSを動画でお届け!
BEAUTY/HAIR
SHARE

数多くのタレントや旬のモデルたちが信頼を寄せるヘアメイクアップアーティスト、ANNA.。彼女がVOGUE GIRLのために撮影からヘアメイクまで手がけるビューティ動画を連載でお届け。今週は、VOGUE GIRLアシスタントエディターが市販カラー剤を使ったセルフカラーリングにチャレンジ。プロ直伝の簡単テクニックを取り入れて、自宅でもサロン級の仕上がりを実現しよう!

 

 

LET’S TRY!

退色して赤みを帯びたヘアをトーンダウンして、落ち着いた印象にアップデート。カラー前には左右の耳横、後ろ髪の3パートにヘアをブロッキングをしてムラ染めを防止しよう。
POINT:カラー剤を選ぶときは、ヘアマニキュアよりもヘアダイをチョイスして。美容院で後にカラーする際、マニキュアだと染まりにくいので要注意! 今回はPALTYの「パルティ カラーリング ミルク ひとりじめグレージュ」(オープン価格)を使用。

右の耳横でブロックした髪を上下2パートに分け、上のパートは左後頭部付近にクリップする。手にカラー剤を適量取り、ヘアをしごくようにカラー剤を塗布。ヘアがしっとりするまで、カラー剤をたっぷり使って。ヘアの根もと&毛先5cmは染まりやすいため、色抜けを防ぐためにも現時点では塗らないこと。

上のパートにも同様にカラー剤をオン。頭頂部の根もとを1cm外し、手でカラー剤をなじませる。中のヘアまでしっかりと塗っていこう。カラー剤はケチらずにたっぷりと!

左側も同様におこなったら、次は後頭部。根もとから毛先までコーミングし、センターで分け目をつくって。右側のハチ周りより上のヘアを取り、中間から毛先5cm上まで塗ったら手やコームでしごいてなじませよう。トップの境目などの塗りにくい部分は、指先にカラー剤をつけて塗り足して。
POINT:毛量の多い人やロングヘアの人はカラー剤を2〜3箱用意すべし。塗り漏れがないようにカラー剤は多めにあると安心。

ハチ周りより下のヘアは、毛束を縦方向に引き出しながら塗ると◎。カラー剤はボトルで直接ヘアにのせ、たっぷりなじませる。左側も同様のステップを繰り返したら、左右の襟足付近のヘアをカラーリングして。

全体を塗り終えたらクリップでまとめ、空気が入らないようにサランラップでヘアを包み込む。最後に塗った毛先がしっかり染まるまで20~30分放置。シャンプーで洗い流し、ヘアを乾かそう。

仕上げに、ストレートアイロンでスタイリング。トリートメントとヘアセットを両立できるSHIMA「ヘアシーク モイスチャー」を大粒パール1粒分、手のひら&手の甲に伸ばし、毛先までヘア全体になじませて毛束感を演出。

FOLLOW US

VOGUE GIRL の最新情報を CHECK!

Swipe!
Swipe!