本文へジャンプ

ナビへジャンプ

BEAUTY

女子は毎日食べたい!「アボカド」のすごすぎるビューティ&健康パワー5つ。

卵料理に使ったり、生のままホットソースにディップしたり……おいしいし、インスタ映えするアボカドは、ガールの食卓の強い味方! それに、アボカドには栄養素もたっぷり。ビタミンKやビタミンCもふんだんに含まれ、カリウム含有量はバナナよりも多い。さらに不飽和性脂肪酸の”オレイン酸“は、炎症を抑え、コレステロールを低下させ、癌の予防までするのだそう! そんなスーパーフード、アボカドの5つのすごいパワー!

 

1:食物繊維がたっぷり!
アボカド1個に含まれる食物繊維は約10g。日本人女性が1日に摂るべき食物繊維の目標量は17gなので、これはすごい数値! 言うまでもなく、食物繊維は消化器の作用に影響し、血糖値を下げながら悪玉コレステロールをやっつけ、結腸癌からも体を守る。便秘予防にもよく、美肌作りに一役買ってくれる。

2:ほかの栄養素の吸収をよくする!
アボカドにたくさん含まれている脂肪分は、カロテノイドなど栄養素の吸収をよくする。例えば、身体を養うケールサラダや野菜の炒め物などにトッピングすれば、それらの栄養素をさらに身体に取り込んでくれる、お助けフルーツなのだ。

3:肌や髪を保湿!
アボカドは内臓に働きかけるだけではない。アボカドオイルはビタミンE、プロテイン、マグネシクムが豊かで保湿効果が極めて高く、肌や髪がしっとりとする。熟したアボカドをフェイスマスクとして使う美容法は、マイリー・サイラスもファンぶりをインスタでアピール!

4:目の健康にも!?
約28グラムのアボカドには、目の健康に大切なゼアキサンチンやルテインが81マイクログラム(1グラムの100万分の1)ほど含まれる。人参スティックには惜しみなくグアカモーレをつけて。視力によいだけじゃなく、なんといっても美味だから!

5:心臓の機能を高める!
悪玉コレステロールの低密度リポタンパク質(LDL)を低下させつつ、善玉コレステロールの高密度リポタンパク質(HDL)を高める。これは、過剰に発生したコレステロールを肝臓に運ぶことによって動脈硬化を予防し、心臓の機能を高めるということ。

出典: TEEN VOGUE
TRANSLATION:YOKO IZUMI

FromVOGUE