本文へジャンプ

ナビへジャンプ

蠍座

蠍座のみなさんへ

こんにちは、しいたけです。またこの季節がやってきましたね。そうです。2017年の上半期について皆さんに読んでいただける季節です。僕はこうして一年に2回「あ、そういえばもうそろそろ半期に一度の“しいたけ占い”が出る時期だ」と思っていただけることがすごく幸せなのです。みなさまにとっての2017年があたたかく、そして豊かなものになるように。今回も楽しんで読んでもらえたら幸いです。

2017年上半期、蠍座は
「新しい物語が始まる。
次のレベルに行く」

2017年上半期の
運勢は?

次のレベルに行く

2017年上半期のあなたのオーラは「次のレベルに行く自分」を表す青。そして「やってみたかったことをシンプルに実行していく」という黄色が出ています。

オーラ
蠍座

まず、2017年のあなたのオーラを見た感想をひと言でいうと「落ち着いている。そして自分が何をすべきかわかっている」という感覚です。これは後ほど詳しく触れていくのですが、あなたってやはりものすごく直感や洞察力のある人なのです。この言葉の説明もしていきたいので、早速あなたにとって2017年の上半期はどういう流れになっていくのか、それを一緒に見ていきましょう。

あなたが持つ直感力
および洞察力

まず、あなたという人を説明する時に「直感力」や「洞察力」という言葉を定義しておかなければいけないのですが、「思いつき」と「直感」って違うのですね。「思いつき」ってそれこそ特に理由もなくその場で思いついたことです。ほら、ランチに行く時や「なに食べに行こうか?」と誘われた時に「パスタ!」と即答する時に出てくるものです。

それに対する「直感」とはどういうことなのかというと、「直感」ってある程度の経験値がないと生まれてこない感覚なのです。つまり「まだ先のことだから正確にはわからないけど、この流れは多分こうなるな」「あ、多分この人って、次にこういうことをすると思う」という感覚です。「直感力」というのは「自分が体験した経験値に基づく、未来に対する予測」と言われています。だから恋愛経験が豊富な女友達に今知り合った男性の特徴を言ったりすると「あ、多分その人ってこういう人だよ」とか時々恐ろしいくらいに言い当てたりするじゃないですか。「占い師か!」ってツッコミたくなるほどに当ててくるのです。蠍座ってそういう能力を強く持っています。

蠍座の人は物心ついた時から時に「修羅場」を含む異様な体験やシチュエーションを経験している人が多いのです。だから「あ、この流れは次にこうなる」という直感を支えるための経験値のストックがたくさんあるのです。

だから、キツい言い方かもしれませんが、あなたは初対面の何秒間かで「あ、この人は信用できない」と判断したら、その人に対してもう絶対に信用することはありません。その評価は絶対に変わらなく、距離をとって付き合っていきます。あなたは人でも、自分が好きなものや苦手とするものでも、はじめにみた印象から揺らぐことはない人なのです。だから、12星座のなかでも多分蠍座だけだと思うのですが、この人たちが例えば人生のどこかで「あ、私アメリカに行かなきゃ」と思ったら必ず後の時間においてアメリカに行きます。「はじめに感じたこと、はじめに決めたことが揺るがない」という直感的な世界のなかにあなたは住んでいるからなのです。

もう少しこの直感の話を続けます。

あなたは本当にこの直感力が優れています。でも、常にこの直感力を駆使しているかというと、それは違って、使う場面はきちんと限定しています。それはあなたが「本気」になった場合のみです。

例えばあなたが「この人とは運命的にどうしても仲良くならなければいけない」と感じた相手に対して、これは本当にそういうことがあるという話なのですが、まだその相手とあまり話していない段階から「相手が何を好みにしている人で、どういう恋愛遍歴があって、今何をしたがっているか」ということがなんとなくわかります。そういうことがわかるスイッチが入るのです。

自分が知らない自分が降りてきて、
動き出す感覚

あなたは人生において運命的な場面、そして運命的な人に出会った時に、必ず「自分のなかに、違う自分が降りてくる」というような感覚を覚えます。そして「今まで自分でも知らなかった私」が勝手に動き出したり、しゃべり出したりするのです。そしてその場所から「あなたがこれまで準備してきたこと、やってきたこと」が動き出すのです。

あなたは自分の人生が大きく動く時にそういう「新しい物語が始まって、私の知らなかった私が動き出す」という不思議な出来事を経験します。だから、あなたは「ただ生きている人」ではないのです。そうではなく、あなたの人生って「自分が心の底から感動する場面をその目で見て、その場に参加して、その場所で強く生きていく。その瞬間を迎えるために生きている」というところがあるのです。激しい言い方をするのですが、そのためなら「昨日までの自分なんていなくなっても構わない」というような強い覚悟もあります。

あなたは普通の人と違い、そういう「私自身が知らない私へ」という瞬間を迎えるのを快感とする人だし、その瞬間を迎えるために常に準備している人です。だから、蠍座の人は過去のあなたがやってきたどんな偉業を褒められたとしてもどこか「ふーん」という態度で聞いています。だって、「それはその時の自分がやったものだから」という、どこか他人事のような感覚で感じるからなのです。

2017年、新しい物語が始まる年

ずいぶん話が遠回りしましたが、ではあなたの2017年上半期はどうなるのか。ひと言でいうと先に説明してきたような「新しい物語が始まる年」になると思います。いろいろなことが、静かに整い出しています。そしてあなたは次の「私自身が知らない私へ」になっていくための準備を静かに、力強く重ねています。

2017年上半期のあなたは「自分は自分。他人は他人」と感じて、自分がやるべきことに集中しています。いろいろな「もう関係する必要がないな」と思ったものとは距離をとって自分の「次」に向かって集中している感覚。これも、すごく深い意味があったのです。ちょっとぶっ飛んだ説明になっていくのでついてきてください。

先ほどもあなたについて話したのですが、あなたって人生の節目に、「私自身が知らない私へ」と変貌する大きな運命の流れがあるということを、それこそ本能的に知っている人です。

いきなりですが、高校生活って多くの人が経験します。その高校生活って、高校1年生が15歳ぐらいで、高校3年生になると18歳ぐらいで、たった3年という期間だけれど、その3年間という時間のなかにはひとりの人間にとってものすごい変化があります。

例えば高校1年生の時にみんなで行った林間学校ではもう3日間はしゃいでいて何も覚えていないとか。でも、その子が高校3年生になったら「みんなと一緒にいられるのも後もう少しなんだ」と感じて、みんなと一緒に通った通学路の風景がすごく強く記憶のなかに残ったりする。

あなたって時々そういう「詩的な世界」のなかに入る時があります。大きな運命が動く時、また、自分の人生が大きく「次」という時間のなかに入っていく時。「もうそういう時間が来たんだね。よし、行かなくちゃ!」と次の私に向かって進み出す時があるのです。だからあなたは、「その時間」のなかで運命的に深いつながりになった人のことを強く愛します。それは「次の時間にその人と一緒に行けるか」という未来への保証がないからです。

未来って常に大きく動く可能性がある。未来はわからない。だから今知り合った人たちを深く愛するという流儀があなたにあります。だから、どこか蠍座の人って孤独を抱えます。「今日やれることは、今日やろう。明日ってもう会えないかもしれないから」と。全然悲観的な空気を出しているわけじゃないのに「今日を生き抜こう」とする迫力がすごい瞬間があるのです。

「明日にはもう会えないかも知れないから」という意味で、あなたの辞書のなかに「あとで」という単語はありません。「今度旅行に行こうよ~」と言われたら、それが社交辞令ではないと感じたら「いつ?」という話に切り替えていくのがあなたなのです。「今度行けたら」はないのです。決めちゃうのです。

話を元に戻したいのですが、2017年の上半期は、あなたは「次」を感じ始めています。「あ、そろそろ私の周りの環境はまたガラリと変わっていくんだろうな」と。そういう時のあなたは、静かに様子を眺め始めます。ちょっとまた内容の濃い話をしていきたいので今のうちに休憩をしておいてください。

運命に愛される人

はい、休憩されましたか? そうしたら話の続きをしていきたいと思います。さっきの高校3年間の話を思い出してほしいのですが、あなたの不思議なところは、

・高校1年生のように、自分が今いる環境で思いきり楽しもうとするところ。恋愛も勉強も思いきり、振り切れるまでやってやろうとするような若者モード

・卒業間近の高校3年生になったみたいに、「みんなと一緒にいられるのもあと少しなんだね。それぞれの旅立ちが始まっていくんだね」と妙に静かで、落ち着いていて、そして過去にあったいろいろな出来事、そして今見ている風景がたまらなく愛おしく感じられる落ち着いたモード

というふたつのモードを常に持ち、揺れ動いているのです。あなたが今持っているのは卒業間近の高校3年生モードから「よーし、暴れてやるぞ」と高校1年生モードに生まれ変わろうとしている時なのです。

そういう「モードの移り変わり」の時って、あなたは静かに周りを眺めて「次に一緒に行けるもの。もうこの場所で置いていこうとするもの」として、人やモノを観察します。その時のあなたの視線ってハッキリいって怖いです。あなたは普段は人一倍の強い愛情の持ち主なのですが、「もうたぶん、次に一緒に行くべき相手ではない」という静かな様子見の時に判断した相手に関してはバッサリいく時があります。

あなたという人を見ていると、時々野生動物のドキュメンタリーを見ている感じを覚えます。野性や自然界の世界は時に非情です。肉食動物は生きるためにほかの動物を襲わなければいけない時がある。あなたは時々そういう「自然界にいる野生動物」のような美しさと静けさを持つのです。それはあなたが「生きる覚悟」のようなものを常に持っている人だから。「自分が必要とされなくなったら去るだけ」という、自分に対する厳しさも持っています。

ですから、この2017年上半期は普段のやるべきことをやりながら、静かに眺めていってください。もう直感で、あなたが反応した物語や人に強く反応していくこと。「私の人生でこれは無関係でいられない!」と感じたことに飛びついていくこと。そのほかのことには興味がないという流れで! あなたは運命に愛される人です。だからあなたが運命を恐れたり、ひるんだりしてはいけません。運命は「今まではこういうやり方でやってきました」という経験値をひけらかす人よりも、「何もわからない。でも楽しみたい!」という人のほうを愛します。だから、あなたは2017年も愛されて!

恋愛運はどうなる?

私はこの一年をちゃんと楽しむ。
ついてきたい人はついてきて!

2017年上半期のあなたの恋愛面も「静かに様子を眺めている」ということがキーワードになります。

で、恋愛面でも特にそうだったのですが、さっき言ったことを少し思い出してもらいたいのです。つまり、あなたは2017年上半期に静かに様子を眺めています。でも、それはあくまでも「次の爆発に備えて、自分が何を持っていき、何を置いていくのか」という整理なのです。

あなたがおもしろいのは、先ほどから話してきたようにあなたには「爆発的に、限界を超えて楽しもうとしている自分(高校1年生的な面)」と「先を見据えて、冷静に見ているという自分(高校3年生的な面)」がある人で、今年の恋愛面においてはその両面を強く出します。だから、ちょっとシングルの人は「ひとりに絞りきる」ということが難しく感じられるかもしれないのです。「一緒にいて楽しめる」という人と「将来を一緒に考えられる人」が極端に分かれるかもしれないから。

その答えって、同じ蠍座の人でも人によって差が出ると思います。重要なのが「次にあなたが何をしていきたいか」なのです。あなたって夢を一緒に見られる人を好みます。だから、あなたの「次」の目標が「これまで何年か比較的おとなしい生活をしてきて、そろそろ暴れてみたい」という方向の夢だったら、「一緒に暴れられる人」を探し出してきます。その反対に「そろそろ落ち着く。次に進むための基盤を作っていきたい」という願望があるならば、落ち着けるという方向の人を探し出してきます。

とにかく、2017年は「いろいろな人やモノがあなたの周りから入れ替わっていく」という年になるから、活動しつつ、静かに観察をし続ける印象です。自分に何が響いて、何がもう響かなくなってきたのかということですね。でも同時に、ちゃんとあなたはこの一年を自分なりに楽しもうとします。「落ち着く時は落ち着く。楽しむ時は楽しむ」というメリハリをすごく強く持つことができます。

もうひと言だけ、あなたが「人を好きになる」という意味で、そしてもっと良い恋愛をしていくために伝えておきたいことがあります。

「これまではこれまで。そして、これからはこれから」

ということです。あなたは人生のなかで何回か「自分でも想像ができないぐらいの変化」、それは脱皮するようなイメージなのですが、自分の殻を破って、姿を変えていきます。あなたの感じ方って何回も生まれ変わります。だから、「これまではこう感じていた」ということは参考にならない一年になります。「初めて見るかのように人と会う」ということを心がけてください。

2017年上半期のあなたの恋愛面や「合いそうな人」のキーワードは、

  • ・夢が一緒。これは雰囲気や話してみて価値観が一緒であることがこれまで以上に重視されます
  • ・特に「調子が良くない時」や「困った時にどうするか」というようなメンタルの保ち方について共感できるような人
  • ・昔を引きずっておらず、これからを見つめようとしている人
  • ・外見的な雰囲気でいうと、やはり「落ち着いている」という人。「しゃべることがなくなった」という空白ができても、そんなに苦にならないで一緒にいられる人

になります。

「お互いに落ち着いて、それぞれ自分の未来を見据えて燃えている」

あなたがこの2017年の上半期で目指す恋愛はそういう恋愛です。だからいつもベタベタする恋愛というよりは、それぞれが自立を目指すような恋愛のほうがうまくいきます。

月ごとのアドバイス

January 1月
1月のオーラ
蠍座

これからに向けて歩み出す

「新しい一歩」を表すオレンジ色が出ています。まだ一年が始まったばかりですが、この一年を特別なものとするため、1月に「これまで私がやってきたこと」を振り返ります。

あなたって本能的・直感的に感じるところがとても強く、なんというか「繰り返し、繰り返しやり続ける」というような修行の時間のように感じているところと、「あ、もう私はこのレベルは修行して卒業したから、次に進んでいくべきだ」というタイミングを感知するのです。

だから、あなたは2017年が飛躍するための準備となることを知っています。「もう今までの時間を繰り返す時ではない。次に向かっていきたい」という姿勢を表面化させます。

February 2月
2月のオーラ
蠍座

キーパーソン

「縁が深くなる人の出現」という緑色が出ています。繰り返しますが、今年って「目に見えないところからジワジワと変化」が起き始めます。その変化が最初に目に見えるレベルで表れるのが「キーパーソン」の出現です。

この時期にすごく不思議に惹きつけられる人が出てきます。そして向こうも、あなたに対してとても強い興味を持っているはずです。それは単独でもあり得ますし、あなたが「なんとなく気になる」という人が何人か出てきます。

その人たちって、あなたが日々レベルを上げていかないと付き合っていけない相手だと思います。ほら、自分が「素敵だな」って思う相手に会った後って「この人に会い続けるためには、私ももっと素敵にならなきゃいけない!」と刺激される何かがあります。

そういう感覚になります。だからこの時期に「私にとってのキーパーソンはこの人。絶対にこの人を喜ばせ続ける」と決めてもいいと思います。

March 3月
3月のオーラ
蠍座

楽しんで

「楽しみながら」というターコイズが入っています。これもすごく不思議でおもしろいのですが、2017年のあなたって「自分のレベルを変えていく」ということに対してとても意欲的になっているのです。でもね、それがストイックに「自分を犠牲にしながら」なんてことは全然やるつもりはなくて、ちゃんと「楽しみながら」「幸せであること」も重視しているのです。

だから、「きちんとやることをやったら、自分にご褒美をあげることも忘れない」という姿勢がこの3月に強く出ます。

あなたは今年、自分のレベルを変えていくためにも「美しい風景」に接する必要があると思ってください。それは抽象的な意味ではなく、例えば狭い都会という空間にいて、いつも同じ人と顔を合わせていたりするとどうしても「その範囲のなかでの優劣」という思考に入ってしまいます。

あなたが求めるのはもっと大きい世界。だからたまに郊外に行ったり、美術館などに行ってあなたの「美のセンス」を磨き続けてください。

April 4月
4月のオーラ
蠍座

ソウルメイト

2月のアドバイスにも書いたのですが、2017年のあなたは「自分と縁のある人間と、より深いレベルで結ばれていく」という現象が強く出てきます。

少しこういう説明の仕方をしたいのですが、蠍座の人って、出会う人すべてに自分の「激しさも含む本性」を見せるわけではないのです。そこまで見せる必要のない人にはいつもニコニコしていて「え、あの人やさしそうじゃない?」と思わせたりする。もちろんあなたにはそういうやさしい面もあるのだけれど、「見かけに反して食べてみたらすごい高カロリーなお菓子」みたいな感じで、あなたにはもっと深くて激しい内面があるのです。

だから、あなたが自分のすべての価値観を思いきり話し合える人って限られます。でも、2017年、そして特にこの4月という時期はそういう「思いきり話し合えて、深い絆で結ばれる」という人が出現しやすいです。お互いに刺激し合って、もっと良い成長をしていくはずです。

May
5月のオーラ
蠍座

自分にできること

「自己採点」を表すネイビー。そして「自分にできること」を表す黄色が出ています。「やる時はやる。楽しむ時は楽しむ」。5月にあなたは今年のテーマを振り返ります。そこであらためて自分に求めます。「私はもっとできる」「もっとスキルアップできる」と。その自己採点のためにちょっと孤独に返ることもあります。

あなたには大好きな人や信頼する人がいます。でも、その人たちが大好きだからこそ頼りたくない。自分でできるところまで行ってみたいという気持ちが強まります。

あなたは直感的・本能的に「ここらが勝負時だ」ということも知っているからです。2017年が始まって、2月には新年の新しい気分はもうなくなる人のほうが多いし、そのほうが自然です。でも、あなたは5月にもう一度「あらためて、新しいことをやっていこう」と自分に命じます。

June 6月
6月のオーラ
蠍座

脱ぐ

「もっとシンプルに。もっと行動的に」というターコイズが出ています。この時期になるとあなたは2017年での自分のやり方をつかみ始めます。それは、

「シンプル・スマート・行動」

です。無駄に思えることや無駄な考えを捨てて、とにかくシンプルに動いて成果をつかんでいきます。

その上で、人間関係などそういうものに対してある程度ストレートに自分の感情を表現していきます。遠回りに言うのではなくて「私はこうしたい」ということを明るく言えるのです。

この時期には自分にこう伝えてください。「私が知っている人たちはみんな新しいストーリーに進んでいる。私も新しいストーリーを作っていく。だからずっと楽しみたい。ずっと私にしかできないことをやっていきたい。本当よ。私はずっと感動するために生まれてきたの」って。

しいたけからの
魔法のメッセージ

あなたは人生において「ある瞬間」が訪れた時に、「今までの自分が知らない自分」が動き出して、新しい物語を始めていく。そういうすごく不思議な感覚を持っている人なのです。だから、この2017年はあなたにとって新しい物語の幕開けとなる年です。自分がやってきたレベルがガラリと変わっていくと思います。この新しい、素晴らしい未来を「ありがとう。なんでも来て。私はすべてに感動する!」という態度で迎えてみてください!

滝沢カレンと見つける、 秋のステディデニム。
FASHION

滝沢カレンと見つける、 秋のステディデニム。

デニムが主役の秋がやってきた! モデル&タレントとして幅広く活躍する滝沢カレンが今季のムードで着こなす、デニムギャラリーへようこそ。

ブランド誕生20周年を迎える「RMK」から、春夏コレクション「COLOR CHANGE」がデビュー!
BEAUTY

ブランド誕生20周年を迎える「RMK」から、春夏コレクション「COLOR CHANGE」がデビュー!

記念すべき20周年のアニバーサリーイヤーの春夏コレクションのテーマは、“ピンクとベージュ”。今をときめく双子のitモデルをメインビジュアルに起用し、新たな風を吹き込むコレクションを展開する。

VOGUE GIRL PROMOTION

FromVOGUE