本文へジャンプ

ナビへジャンプ

蟹座

蟹座のみなさんへ

こんにちは、しいたけです。またこの季節がやってきましたね。そうです。2017年の上半期について皆さんに読んでいただける季節です。僕はこうして一年に2回「あ、そういえばもうそろそろ半期に一度の“しいたけ占い”が出る時期だ」と思っていただけることがすごく幸せなのです。みなさまにとっての2017年があたたかく、そして豊かなものになるように。今回も楽しんで読んでもらえたら幸いです。

2017年上半期、蟹座は
「自分が主役になって周りを動かす」

2017年上半期
運勢は?

想いが実体化していく

2017年上半期のあなたのオーラは「これまでとはまったく違った自分にチャレンジする」というピンク。そして「そのチャレンジに応える出会いが数多くある」という緑色が出ています。

オーラ
蟹座

2017年に至るまでの流れを振り返ってみても、2016年のあなたはすでに激動だったのです。その激動を乗り越えるためにもあなたは自分や周りの人たちと力を合わせて「みんなと一緒に(誰かと一緒に)乗り越えてきた」という体験をしてきたはずです。そして2017年はさらに「今までやってこなかったことにも積極的にチャレンジしていく」という段階に入っていきます。

激動だった人が多かった2016年

2016年の蟹座はとにかく激動だった人が多かったと思います。「よくわからない運命みたいな力によって動かされる」と感じた人も多いと思います。ほら、普段のあなたはもう少しのんびりしたところもあるのです。でも、2016年はとにかくいろいろなことに対して「あとで」が許されなかった感じがありました。とにかく「今」やってくるものに対して「今」なんとかしなければならなかったのです。なかには「もう少し待ってほしい」と思うこともあったと思います。

「どうなるかはわからないけど、とにかくやってみるしかない」というのと「やっとこのタイミングが巡ってきた。よし、全力を尽くして仕上げていくぞ!」と感じたことが半々ぐらい。「仕上げる」「決着をつける」「話を前に進める」というような、とにかく精神的にも体力的にもタフでなけれればいけなかった時間が2016年にはありました。あなたが2016年に乗り越えなければいけなかった話は、それは単純にうれしい話だけで彩られているわけではなかったと思います。必死だった時間もあったと思います。でも、それは寂しいことだとは思わないでください。その分だけあなたには力を貸してくれる存在もいます。あなたがやっていくことは「大好きな人たちと共に見ていく未来」です。2016年というひとつの大きな区切りとなる一年を過ごしたあなたの心情を表すと、以下のようになります。

「2016年。とにかく激動だった。明日が予測できなかった日も多かった。これまでも、自分ひとりでは乗り越えられなかったことがたくさんあったけど、周りの人がいてくれたからいろいろなことを乗り越えることができた。だから、これで終わりにするのではなくもっと行ってみたい。この『チーム』でやっていきたい。私自身ももっとチャレンジしてみたい。私個人の力と、みんなと力を合わせた時にどういう奇跡を見られるのかやってみたい!」

あなたには今、強い願いがあります。「2017年。絶対に楽しんでみせる」という強い願いです。

あなたが主役

先にひとつ答えから言うと、2017年はあなたが主役になります。

ここまで伝えてきたように、2016年までのあなたは「これまでの私を集大成としてまとめる締め切りの時間」だった部分が強いのです。あなたがどういう時間を過ごしてきたのかをもう一度だけここで言うと

「これまで自分が深く関わって、強く愛してきた人たちに“今の私はこういう人間になったよ” “こういうこともできるようになったよ”と報告する」

というのが2016年までのあなたにあった時間でした。

ここで伝えさせてください。あなたがこれまでの人生で出会ってきた素晴らしい人たち。あなたはその人たちとの出会いによって自分という人間を作ってきました。そして、あなたの周りにいる人たちに「私は今こうなりました。今後はこうやって生きていきます」と、ひとつの節目となる年にあなたの今の姿を報告しました。

2016年が「これまでの私の集大成」を表すとするならば、2017年は「あらためていろいろな気持ちや想いを背負って、まったく新しいことに挑戦していく」という時間になっていきます。

2017年は

  • ・「まったく新しいことへの挑戦」
  • ・「大変だけど、もっとやってみたい」
  • ・「今までの私ならできなかったかもしれないけど、今の自分ならできそうな気がする!」

そういうさまざまな「自分の力を試してみたい!」という想いがあなたのなかでだんだんと大きくなっていきます。その想いの次にあるのが「私が主役になる」というものになります。あなたは2017年上半期に気づきます。「私はもう、今までの私じゃない。強くなった」と。

自分が関わる人や環境を愛してきたあなたが今もっと好きになろうとしているのは「もっといろいろなことにチャレンジしようとしている自分自身」です。2017年は「今の私はこんなこともできるんだ!」と、結果が予想できないほうのチャレンジにより強く向かっていくことになります。

裏方に回るのではなく
「スポットライトを浴びるほう」に回る

あなたはこれまで、どちらかというと「そこまで自分だけのやりたいことに没頭する」ということが苦手なところもあったと思うのです。わかりやすいイメージで言うと、「自分のやりたいことだけをやる。自分にしかできない作業に没頭する」というのがアーティストと呼ばれる人たちだとすると、どちらかというとあなたが得意とする作業って「みんなのことを考えながら進行を考える」というディレクターのような役割です。どちらかというと表でスポットライトを浴びる感覚というよりは裏方に近い感覚ですね。

あなたは一緒にいるみんなのことを考えて「この場面は盛り上がっているか」と常に自分がそこに参加をしつつも「カメラ越し」に自分の状況を眺めているようなところがあります。そして、そこに足りないものを見つけたり、空気を読んで行動したりすることのほうを得意としてきました。そういうことをできる人は通常「縁の下の力持ち」や「裏方」とされるような人。そう、あなたは主役になれる素質がありながらも「いや、私はいいですよ」と裏にサササーッと引いてしまうようなところもあるのです。

その「縁の下の力持ち」や「裏方」は2017年にはある程度卒業して「スポットライトを浴びるほうに回る」ということを覚えておいてください。たしかに、「物事を引いて見る」「自分のやりたいことだけに没頭しないで、全体像を見てチェックしている」という感覚ってあなたにしかできない長所だし、あなたのそのディレクター・裏方的な感覚って、周りの人にとってみたら「この人が見てくれていたら安心」と思われて重宝もされると思うのです。

でも、それをやり続けることのひとつの欠点として反省が多くなってしまうのです。反省というのは「もうちょっとこうやれば良かったな」「今度はこうしよう」など。もちろんですね、そういう反省って大事なことですし、あなたの「一歩引いて観察してくれている視点」はあなたの周りにいる人にとってもありがたいものなのです。でも、繰り返しますが2017年はあなたが主役になって「自分がやりたいことに没頭する」という感覚も必要になってくるのです。

だから極端なことも言わせてください。2017年の上半期は反省なんてしないでください。すべてに対して思いきりぶつかっていくつもりで。

なぜあなたにここまで激しいことを伝えているかというと、先ほどもお伝えしたように、2016年はあなたにとってひとつの「集大成」ともとられる時間になります。それで落ち着いてはダメなのです。

あなたはやさしい人です。そして周りの観察もできる頭のいい方です。だから、「ほどほどのところ」にたどり着いたら「もう私はいいから」とスポットライトを浴びることに遠慮してしまうことがあるのです。でも、2017年のミッションはあなたを中心に動いていきます。だから退いてはダメなんです。

2017年はとにかく「思いっきりやる」。反省をして次の機会でより完成度の高いものに持っていくというよりは、小さくまとまろうとせず、小さく完成なんてさせようとはしないで、今までの自分では出せなかった答えを出していく必要があります。今までの自分だったら見られなかった景色を見ていく必要があります。

あなたにとって2017年に何が大事になるかというと「やってみなければわからなかった!」ということを多く体験することです。その時点でうまくいこうが、うまくいかなかろうが、試してみなければわからないのだから。

「今は自分を信じられる。もっと自分を信じてみたい。よし、やってみよう!」

この気持ちだけ。あなたに必要なのはこの気持ちだけです。この気持ちを持って今までやってこなかった新しい挑戦をしてみてください。

人を巻き込む力を持つ

あなたが2017年に良い結果を出していくために、ひとつだけここでアドバイスさせてください。2017年にチャレンジしていくことは、より強く「あなたひとりの力だけ」では果たしていくことができません。あえてこういう言い方をしたいのですが、2017年のあなたはもっとみんなを「巻き込んでいく」必要があります。

では、人ってどういう人の元へ集まってきたいと思うのでしょうか。それは「自分のチャレンジに対して遠慮がない人」の元なのです。

自分の夢、そして自分の挑戦を心から楽しんでいる人は、他人の顔色を見ません。「これをやったらどう思われるかな」ということを気にしません。「楽しそう。よし、やろう」というシンプルな方式のなかにいます。

つまり、人を集める明るい雰囲気の持ち主の人って「今の自分が何者であるか、何をやってきた人間なのか」など、そういうことにあまり関心がないのです。そうではなく「今から何ができるか。何を楽しめるか」ということに対して関心があります。

そして堂々と、「私は自分の好きなことをやっていくために、あなたの力が必要なの」と協力を仰ぐことができます。自分にはやりたいことがある。実現していきたいことがある。だから「あなたの力が必要」と言って、「楽しくて真剣な空気」のなかに他人を巻き込んでいくことをあなたは2017年上半期にやっていきます。

あなたが「楽しそうなこと」に対してチャレンジするのは「絶対に成功しなければいけない」と考えているからではありません。もっと自分を好きになりたいからです。そして、もっと人を好きになりたいからです。人生のなかで自分のやりたいことをやっている人って人の悪口をあんまり言いません。「次に自分に何ができるのか。もっとどうしたら楽しめるか」ということにしか関心がないからです。そして、そういう「勝手に楽しんでいる人」が持つ明るさって、本当に周りの人にとっては魅力的に見えるのです。

自分を好きになること。
そして人を好きになることに遠慮はしないで

2017年は自分を好きになることと、そして誰かを好きになることに対して遠回りなんてしないでください。「人を好きになりたいけど、今の自分にはまだやらなければいけないことがある」と言って遠回りをしないでください。

「自分がまだこれぐらいのレベルで人を好きになってはいけない」「これぐらいの自分を誰かが好きになってくれるわけがない」なんて決めつけずに、あなたがまず出会う人を好きでいてください。あなたはもっと人を好きになっていくことによって「完成」されていきます。

2017年のあなたはこれまで以上に強く愛を必要とします。それはあなた自身が誰かを愛するということもそうですし、あなたが誰かから強く愛され、信じられていくという両方の意味も含まれています。

これまでも、これからも、あなたは「愛する」ということに対して手を抜けない人です。それによって損することもあったと思います。でも、愛することをやめないでください。あなたが愛したものは、あなたの元へ2017年に形を変えて帰ってくるから。

恋愛運はどうなる?

夢を見ていく

2017年のあなたの恋愛面のキーワードは「夢を見ていく」というものです。繰り返しになるのですが、2017年のあなたはいろいろな分野で「もっとできる。もっと愛せる」を自分自身に対して求めていきます。

愛や恋愛のあり方ってさまざまな形があると思います。傷ついた人同士が一緒に力を合わせる、なんとなく気になる人同士が一緒になる。そういうさまざまな恋愛があるなかで、あなたが2017年に強烈に求めるものは、

「夢を見ていくために、もっと広い世界を見ていくためのパートナーを必要とする」

というものです。これは今までのあなたの恋愛とはちょっと違います。あなたの恋愛ってどこかで「この人は良いセンスを持っているんだけれど、ちょっと性格が偏っているからひとりで生きていくことが難しいだろうなあ。私がサポートしてあげなきゃ」という形。もしくは「この人についていけば安心できそう。よろしくお願いします」という安心感重視の恋愛の傾向が多かったのです。でも2017年の恋愛は「私が夢を見るためにこの人と一緒にいたい。もっとこの人と一緒にいて見える景色を追求していきたい」という相手に対するリスペクトが強く入るようになります。

2017年のあなたの恋愛に遠慮はありません。気づかれないような裏方の愛をするのではなくて、正々堂々と愛を求める。「あなたと一緒にいると私がうれしいから」。恋愛の理由はそれだけで構いません。

そして2017年も引き続きあなたには激動の匂いがします。だからこそ、その人と一緒にいることによって、その人のことを考えていることによって出てくる愛の言葉は、相手に積極的に伝えていったほうがいいです。愛の言葉とは「その人と一緒にいることによってしか、その人のことを考えることによってしか出てこなかった感覚」のことです。今の自分が一生懸命、誇りを賭けてやっていることを報告したいと思える相手を何人も持つこと。その人たちに自分のことを伝えていくこと。「言わなくてもわかってくれればいいのに」はなしで。その人たちに認めてもらうことなんて考えずに、「ただそれをやっている自分が好き。そして報告ができる人たちがいて幸せ」という感覚を気持ちのなかでキープし続けてください。

2017年上半期のあなたの恋愛面や「合いそうな人」のキーワードは、

  • ・安心感を覚えるというよりは、一緒にいてワクワクが広がる人
  • ・あなたの愛情のかけ方、「こういう細かいところは手を抜けない」ということを好きになってくれる人
  • ・遠慮をするのではなくて、積極的に「あなたの力が必要」「あなたの考えを教えてほしい」と頼りにすること
  • ・待つことはしない。2017年は欲しいものは自らの気持ちの強さで手に入れていく。だってそれを必要としているから
  • ・色のイメージでいうと「白」が似合う人。白が似合って、あなたが相手に対してどことなく安心感を覚える人

最後の「色のイメージでいうと白が似合う人」はあくまであなたの主観で構いません。こういう少し「純粋さ」「安心感を抱ける相手」が2017年のあなたと縁が深くなっていく人になります。

「夢を叶えていくためにあなたの力が必要」

シンプルだけど、あなたがこの2017年の上半期で目指す恋愛はそういう恋愛です。

月ごとのアドバイス

January 1月
1月のオーラ
蟹座

体の目覚め

「体が目覚める」という強いピンク色が出ています。去年1年間走り抜いた結果、何がこの時期にあなたに起こるのかというと「良い体験」を求めて体や毛穴、あなたが放つ雰囲気が覚醒していくのです。セリフで表すと「今年はもっといろいろなことに感動していきたい。心も体も含めて気持ちいい!という体験をしていきたい」という想いが強くなります。「感動できる場所にもっともっと立ち合いたい」という夢が強くなります。今年も体力をある程度使う年になるので、一年のはじめに体力づくりや食生活の見直しなどを多少しておいてもいいと思います。

あらためてこの時期のあなたは「今年も一日一日を無駄にしたくない」「新しい挑戦に対してベストを尽くしたい」ということをより強く求めます。だからこそ、「今年の私は〇〇をする」「〇〇を達成する」という目標はノートか手帳に書いておきたいです。

February 2月
2月のオーラ
蟹座

まったく新しい自分

2月に入り「まったく新しい自分」を表す黄色が出ています。この時期にどういうことがあなたに起こるのかというと、「これまでの自分に起きてきたレベルの話とはまったく異なる、新しい出来事なり体験」です。「これまで積み重ねてきたことの延長」や「これまでやってきた体験を活かして」ということではなく「まったくの未体験だけど、やりたくなったからやる」という感覚が強くなります。

「どうやるかわからない。やってみながら考えよう」

という大胆な自分が出てきます。できればこの時期は慎重になりすぎずに「見切り発車」などをやりながら対策を練っていくという形がいいです。ひとつだけアドバイスをしたいのですが、この時期のチャレンジは必ずあなたの未来に影響を与えます。だから、この時期には何ひとつ完成させようとしないでいいです。ただ暴れること。挑むこと。小さく完成なんてさせなくていいです。

March 3月
3月のオーラ
蟹座

少し早い総決算

3月に入り「総決算」を表すネイビーが出ています。今年のあなたのスタートダッシュは早いです。新年早々「あれもこれも」とさまざまな新しい事柄にチャレンジしていくから、反省点や「もう一度検討すべきポイント」も出てきます。でも、ひとつだけ伝えておきたいのが「痛さや反省は出てくる。でも、それが何か?」という態度は持っておいてほしいのです。

2017年のあなたの標語は「やってみなければわからない。新しい私との出会い」です。修正すべきポイントやバランスの調整をしたらなるべく「今の私がこれをやっている意味とは?」と深く頭で考えすぎずに前に進んでください。あと、「面倒くさいけれど後回しにはしたくない」と思うような事柄はこの時期にやっておいたほうがいいです。

April 4月
4月のオーラ
蟹座

攻めるか、守るか

4月に入り「攻める」という動きを表す赤。そして「守る」という動きを表す紫色が出ています。この時期にちょっと迷いが出ると思います。それは1月からやってきた勢いをそのままに、このまま成果はあまり考えずに走り続けるか。それともいったん止まって「今後に備えるために態勢を立て直すか」というものです。これは人によって選ぶ答えは変わってくると思うので自分に応じた答えを出してほしいのです。

走りきってきて少し疲れを感じた人はこの時期に少し休むのもありです。2017年のあなたは「ガンガン行く」というような戦闘力が高めの話が多いから、この時期に心休まる人たちとのんびりするというのもまったく間違っていません。

May 5月
5月のオーラ
蟹座

自分を賭けたチャンス

5月に入り「チャンス」を表す黄色。そして「全部を賭けてチャレンジしたい」というネイビーが出ています。この時期にあなたの今後を左右するようなひとつのチャンスが訪れます。できればそのチャンスに対してこれまで準備してきたように「やってみなければわからない」という精神でチャレンジしてみてほしいのです。

あなたの最大の強さであり、最大の弱点でもあるところに「愛」というものがあります。あなたは自分だけのわがままで人生を決めるのが難しいのです。だからこそ、ひとりでため込まずに相談してみてください。周りにいる「一緒に戦っていける人」や「一緒に夢を見ていける人」に自分のことを話して相談することも大切です。

この5月は「ひとりで抱えない」ということを頭の片すみに置いておいてくださいね。

June 6月
6月のオーラ
蟹座

空っぽになるまで頑張った

6月に入り「空っぽ」を表すオレンジ色が出ています。ネガティブな意味ではなく、まだ上半期なのに今年も走りきります。嫌な感じはしないと思います。「ここまで空っぽになるまで頑張れるなんて。周りに恵まれているな」と改めて思ったりもします。

同時に、この時期のあなたは自分自身に対して「強くなったな」とも思います。「今までだったらおそらくできなかったことが、今の自分にはできている」

あなたが強くなったのは、強くなるようなテクニックを駆使してきたわけではまったくありません。むしろ、テクニックという言葉といちばん無縁なのがあなたです。あなたは常に正々堂々と、正面から問題にぶつかっていきます。自分をごまかさずに、正直に。ただ誠意を込めて。ただ一生懸命ぶつかってきた結果、他の人にはないいろいろな技を覚えてきたのです。

「正直に。想いを込めて」

という正攻法を今後とも忘れないでくださいね。

しいたけからの
魔法のメッセージ

「今まで会ってきた人や今まで築いてきた環境に落ち着くことはできる。でも、私はまたチャレンジするほうを選びたい」。あなたは今年再び歩き出します。あなたは夢を見ていくほうを選びます。あなたが夢を目指せば、必ずそこにあなたと一緒にあなたの夢を見ていきたい仲間が集まってきます。あなたは「もっとおもしろいもの」を求めます。そのためにみんなの力を必要とします。2017年上半期はあなたが中心となって、人を巻き込んでいって!

今春スポーツで私たちも強く、美しく、自由になる!
FASHION
NEW!

今春スポーツで私たちも強く、美しく、自由になる!

健康志向はトレンドを超えてスタイルとなっている。体を鍛えることは心も鍛えること。そんなスピリットを体現するナイキと一緒に2017年、新しい自分を見つけよう。

VOGUE GIRL PROMOTION

お待たせ! 2016年下半期しいたけ占い!
HOROSCOPE

お待たせ! 2016年下半期しいたけ占い!

大フィーバーを巻き起こしているVOGUE GIRLの「しいたけ占い」。お待たせしました!2016年下半期の運勢を占い師のしいたけがじっくりお伝えします。

FromVOGUE