本文へジャンプ

ナビへジャンプ

水瓶座

水瓶座のみなさんへ

こんにちは、しいたけです。いつもしいたけ占い、そしてこの下半期や上半期を待っていてくれてありがとうございます。この原稿を書くのはみなさんの1年間をいちばん近くから見られるようで僕にとってもすごく素敵な時間ですし、特別な時間です。今後はVOGUE GIRLさんを通じて原稿だけではなく、みなさまと接する時間を作っていきたいので、どうかそのときもよろしくお願いいたします。

2016年下半期、
水瓶座はリラックスして周りの人の
やさしさを信じていく

2016年下半期の
運勢は?

自分だけで背負うストイックを卒業する

2016年の下半期にあなたから強く出ていた色が大きく2つあります。

オーラ
  • 1

    「ストイックな自分を追求していく」というネイビー

  • 2

    「これまでの自分とは違った自分を追求したい」という薄いオレンジ色

まず①の「ストイックな自分を追求していく」について。これは星座で言うと山羊座と獅子座、そしてもちろんあなたの水瓶座が特にそうですが、みなさんに共通していることって「頑張る」という感覚がよくわかっていないこと(笑)。

どういうことかと言うと、この3つの星座の人たちって「頑張っているのが当たり前」「何でも全力」という感覚を持っています。ですから「もっと肩の力を抜きなよ」と言われても、その感覚がよくわからなかったりもするし、変な話、自分の体調が悪くなって倒れた時に「無理してたんだな」と、はじめてわかったりします。

「わかっているけど気が抜けない」

というのがあなたの特徴でもあり、それが①のネイビーで表されていた「ストイックな自分」という面です。

そして次に②の「これまでの自分とは違った自分を追求したい」という薄いオレンジ色ですが、これは先ほど挙げた「頑張っているのが当たり前」「ストイックな自分」というものです。

もう一度繰り返したいのですが、「わかっているけど気が抜けない」というあなたの性質が、2016年下半期のあなたを見ていくうえで大切な鍵となってくるので、後でまたこの話については触れていきたいと思います。

“素”のお話

先ほど挙げたあなたの「気が抜けないという頑張り方」について思い出していただきたいのですが、あなたには「自分で意識をしないと気を抜くことができないところ」があります。

不思議なのですが、あなたにとって「日々頑張る」とは当たり前の決まりで、「そういう頑張っている姿はみんなに見せられるけど、私のプライベートなんて、だらしがなくてとてもとてもお見せできるものじゃない」という“異様に謙遜した姿勢”を持っているのです。

あなたと仲良くなって、あなたのプライベートを見せてもらうことができた人って、「ちょっとだらしないぐらいのあなた」のほうに魅力を感じたりするのです。でもあなたはその「気を張っていなくて、だらしない自分」を人に見せることに強い羞恥心を持つのです。

「自分のすべてを見てもらいたいけど、それを見られることがすごく恐い」

「注目はされたいけど、自分に注目を集めるのがすごく恐い」

というすごく人見知りの面があります。

そこで下半期に注目したいのが、あなたが持つ“素”です。よっぽどのことがない限り自分の“素”なんて見せられないとあなたが恥ずかしがっているその部分に光を当てていきたいと思います。

“素”って何?

「“素”って何なの?」ということを説明するために、少し例え話をします。

こういうのって男性側の例えのほうが説明しやすいから以下のような話になりますが、社会人になって平日は働いていても、休日はひたすらサッカーをやっている人っていたりするでしょう? それこそ仲間でやっているサッカーチームに入って「毎週日曜日は必ずサッカーをする」というように、趣味の範囲を超えて本格的にやっているような人です。

そういう人って、「日曜日にサッカーをやっている時が自分の“素”」と答えられると思うのです。

“素”ってほかの言葉だと「本業」や「副業」という言葉で説明できて、極端な話、サッカーをしている人の例だと、

「月曜日から金曜日までする仕事が副業」で「日曜日にやるサッカーが本業」という意識かもしれません。

その感覚としては「日曜日のサッカーを休むと1週間の調子が出ない」というぐらいまで、自分が生きていくこと、生活することの中心に、この人の場合はサッカーがあります。

ここまでの話をまとめると、その人にとっての“素”って「本業という意識」に近いものであり「その本業をやっておかないと他の生活に支障が出るぐらい調子が悪くなる。その本業だけは私の生活にとって必要不可欠」というものですね。

この「“素”=その人にとっての本業」を他の例え話ですると「何をしている時がいちばん楽しい?」と聞かれて、即座に「寝ること!」って答えられる人は「寝ること」が本業であり、寝ている時間が “素”に戻っている時間なのです。

あなたの“素”は何か?

ではあなたにとってこの「“素”=本業」とは何かというと、「すべて」なのです。

あなたは自分が関わるすべてに「手を抜くことができない人」であり、すべてがあなたにとって「本業」であるのです。だからあなたは自分にとっての“素”ってどこにあるのかわからないのです。

あなたは本業以外の「副業」に関しても、本業なみのエネルギーを持って極めようとするところがあるのです。

例えばあなたは極端に無気力になる時もあるし、極端に精力的な行動を見せる時もあります。それは「極端にやるか、極端にやらないか」というエネルギーが強い人特有の問題なのです。「走るまでは慎重で時間がかかるけど、走り出したら止まらない」という性質をエネルギーが強い人は持っています。

だからもし、あなたが働きながら趣味を始めたとしたならば、あなたのなかで「働くことも手を抜けない、趣味にも手を抜けない」という意識になりやすいです。「どれもこれも、私にとって大事なものだから」という感覚をあなたは強く持つのです。

強い感情移入能力。「心に残る」

あなたの“素”というものに注目していくうえで、もうひとつ注目したいものがあります。それはあなたの「感情移入能力」です。

あなたは映画でもドラマでも漫画でも、自分が影響を受けた作品については一生その影響を胸の内に秘めておくことができます。

特に子ども時代に感動した芸術作品、ドラマ、映画、漫画、本、そして人など、それらが強くあなたの心の中に残ります。

あなたはそういう「自分が影響を受けたものと共に」生きている人です。

そろそろここで、ひとつの結論を言います。あなたはリアリストではなくて、ロマンティストでいるべき人なのです。

あなたがいちばん力を無くしてしまっている時というのは、自分が幼少期から影響を受けてきた「ヒロイン像」もしくは「ヒーロー像」に比べてなんて自分は弱い人間だろうと挫折をしてしまった時です。

でも、あなたは何度でも立ち上がるべきなのです。なぜなら、あなたには誰かを救える力があり、あなたが関わる世界を変えられる力があるからなのです。あなたは人が好きです。自分と関わる人に喜んでもらいたい。あなたが関わる人になにか贈り物をしたい。そんな素敵なあなたが立ち止まっていてはやっぱりダメなのです。

もしあなたが持つ力やエネルギーが弱いならば、「少し肩の力を抜いてゆっくりしてください」とも言えるのです。でも、あなたが持っている力は強い。力が強い人のエネルギーって「前を向かって動いていくこと」でしか発揮されないのです。後ろを向いて発揮されるエネルギーはないから。

2016年下半期、ふたつの方向性

再び2016年下半期診断の話に戻すと、あなたはこの下半期、ふたつの方向性のどちらを選ぶか、葛藤していきます。

ひとつの方向性とは、

「今までやってきたことをとりあえず卒業し、来年の2017年に向けて新しい分野に進んでもいいかな」

と思い始めていることです。

そしてもうひとつの方向性が、あなたの持つストイックな部分が要求する、

「ここまでやってきたならば、自分なりに今までやってきたことをもっと追求して、納得できる形で完成させていきたい」と、今まで手がけてきたものや、追求してきた道を完成させていきたいと強く願うことです。

先ほどもお伝えしたように、あなたは「何かをやり始めた時に中途半端がない」という人です。もし「2017年に向けて新しい方向」を選んでいくならば、今やっている生活設計などをすべて見直していくことになると思いますし、「中途半端な形で終わらせたくない。私なりに納得ができる形でやりきりたい」と思う気持ちが勝った時には、「新しいこと」への“浮気”心は封印し、今の自分がやってきたことのみに集中します。

「どうやってあなたは次を決めていくのか?」

ぜひお伝えしたいアドバイスがあるのです。

すべて責任を背負わない方がうまくいく。
“なんとかなる”

あなたが何か大事なことを決めるのが難しいと感じ、必要以上に自分が選んでいくものを恐れてしまうのは「極端に考えすぎてしまう」からだと思います。

それに対するあなたへのアドバイスは、

「正しい選択を徹底的に考え抜くのではなく、まず今の自分に“なんとかなる”という適度な自信をつけましょう」

ということです。こういう話って聞いたことがありませんか? 目の前にAとBという選択肢があって、そのどちらかを選ぶ。その時はすごく真剣に悩んでしまうけど、後から振り返った時に「あの時、Aを選んでも、Bを選んでも、今の自分になっていただろうなあ」と思う。

つまり、人生ってひとつの選択ぐらいで大きく極端に変わることはないという考え方です。

胸が苦しくなるのは「自分で何とかしなければいけない」と思う責任感から来るものです。あなたに言います。過去を過度に背負わないでください。あなたは自分の過去のすべてに対して責任を持ちすぎるところがあります。

もっと図々しくていいです。「思い立った時から真新しいスタート」という感覚で。

日常生活で起こるミスや「至らない点」は「起こるべくして起きたんだろうな。だって疲れていたし。まあ、しょうがない。でもここまで頑張っている自分が好き。時々理解されないのはしょうがない」と思ってください。

ミスや至らないところを見ていくのではなく、「自分を好きでいること」。これがこの下半期におけるあなたへの宿題になります。

恋愛運はどうなる?

エキセントリックな自分に戻り、
ノリで恋愛していく

もともとあなたが持っている恋愛感覚は「運命的な恋」です。これはすごく不思議なのですが、あなたは人生のどこかで「運命的な恋に出合う」ことがほかの星座の人と比べて並外れて強いのです。

この「運命的な恋」をほかの言い方で言うと、

・もう過去の恋愛だけど、いまだにあの人が何を考えていたかわからない
・ものすごくインパクトが強かった。その後の私の人生にも影響を与えてくれた人
・あの時の自分はクレージーで、いろいろなことをやっていた。その時出会った人たちはみんな変わっていた

というような経験が多いです。

あなたは特に10代の頃や20代の前半に早熟に自分の世界を築いていきます。だから一種あなたはある人たちからカリスマ的な人気を持ち、変わった人たちと縁が深くなるような運命があるのです。

でも、惜しいことに、あなたはどこかで「変わった人を卒業しよう」としすぎてしまうのです。変わった人であった過去を封印して、常識人であろうとしてしまうのです。

定期的に自分がまだ10代の頃に見ていた景色に帰ってみてください。そしてちょっとエキセントリックなあなたでいてください。そうするとあなたは再びカリスマ的な魅力を取り戻していきます。常識人であろうとすると、あなた本来の魅力って封印されていってしまうから。

時期別に見ると7月、8月、9月まで「リラックス期」にあたります。急速に動いて「何かしなきゃ!」と思うのではなく、リラックスしていろいろな人と時間を共にすることができます。

この時期あなたは「相談事」を受けることが多くなりします。ですからその時は喜んでその相談事に乗ってあげてください。その時のポイントはあなたが相手の悩みを解決するのではなく、「どんなことがあっても、私はあなたのことが好きだよ」とその人のファンであり続けることなのです。

そういうあなたの態度に相手も惹かれていきます。

そして10月に入るとあなたのなかで何かがはじけます。あなたのエキセントリックな部分が再び強く出るのです。これは恐れずに歓迎してください。変に抑えて常識人であろうと思いすぎないでください。

11月、12月に入ってもあなたはリラックスしています。リラックスはコミュニケーションや恋愛面においてもあなたにとって大きな力になってくれます。

この下半期のあなたがすごいのが、恋愛面でもそうですが「どんなに考えても、どこかで冷静さを保っている」というところ。だから深刻にはなりすぎず、自分で様子を見ながらひとつひとつ「こうしたらどうなるかな?」と試行錯誤を繰り返していくことができます。

リラックスしていることによって、極端に考えすぎず、「ひとつひとつ目の前にあることを楽しむ」という余裕が生まれています。

「落ち着いて」「リラックスしている」先にあなたが求める恋愛があります。

月ごとのアドバイス

July 7月
7月

リラックスしている

7月には「リラックスしている」というエメラルドグリーンが強く出ます。この時期は「急いでやるのではなく、ゆっくりやろう」という意識が働きやすく、平和な気分でいられます。

あなたは「ひとつの行動をする際に、その周辺のことについてもリサーチする」というところがあります。余談ですが、だから水瓶座の人って幹事を任されたり、イベントなどで周辺の施設や楽しみ方を調べたりすることも得意なのです。

そういう「一度動くとあれもこれも隙間なくやろうとする」という部分がこの時期には抑えられているので、ゆっくりできます。

時間の過ごし方としても、旅行に行くとしたら「何も予定を入れないでゆっくりする日」も作ってくださいね。

August 8月
8月

リラックス、楽しむ

8月に入ると「違う自分を試してみたい。演じてみたい」という、やわらかいオレンジ色が出ます。これも7月からの「リラックス」の延長で、「真剣勝負、結果を残していく」というようなガチガチの状態ではなく「こういう私もいいかも」と思えます。誰かと一緒に遊びに行く時も「こういう人もいいかも」と緊張せずにリラックスしながら新しい世界を拡げていけます。

ただ、どうしてもあなたのなかにある「マニアックさ」、つまり自分が新しく好きになる分野や人に対して「徹底的に調べたくなる」というオタク性が発揮されますので、やりすぎないように意識してください。

September 9月
9月

焦らない

9月に入っても「リラックスと楽しむ姿勢を保つ。焦らない」というオレンジ色が出ています。あなたは危機意識が働きやすい人でもあるので「こんなにノンビリしていていいのか。何かしなきゃ!」と思うのですが、今年のあなたは基本的に全部「副業」だと思ってほしいのです。「こういう経験もできた。ラッキー」と、あんまり深刻にやらないで、思い出作りぐらいの気持ちで。「ほかにやることもないから参加してみる」など、そういう「いい加減な態度」でいるほうがうまくいきます。

標語としては「白黒ハッキリつけない」「自分を追い詰めない」「キツくなってきたら“なんとかなる”“時間が解決していく”“ゴールはある”」と口ずさむこと。

October 10月
10月

私だけの満足でいい。好きを追いたい

10月に入り、「燃えたい」という赤と「私なりに責任を持って」という茶色が出ます。この10月は間違いなくあなたにとって、2016年のクライマックスになります。

この時期に、あなたのなかで、なにかが弾けるのです。つまり「誰からも頼まれてもいないし、それをやることで立派に思われることもない。でも、私はこの好きなものに対して、愛すべき世界に対して、全力を尽くしたい。そしてこれは、私だけの満足でいい」という姿勢が出るのです。特に重要なのが「私だけの満足でいい」と言いきれる強さがあなたに訪れること。

この時期、本気になってなにかを選ぶことができますし、とても良い選択ができます。“良い選択”ってね、「未来はどうなるかわからないけど、今これをやっておかないと後悔するだろうな」と思えることです。そして、これも大事なのですが「それをやる自分も好きだし、それをやらない自分も好き」とゆるく自分のことを愛せていること。「これをやらない自分は絶対に好きになれない!」と自分を追い込む選択はあまり良くないのです。

November 11月
11月

この景色を走り抜けたい

11月に入っても10月で起きた情熱がまだ続いていて、「走り続けている」というオレンジ色が出ます。10月の「ただ情熱を感じて走り続けたい」というエネルギーが、11月になると「なぜ私はこれに惹かれ、これを選んだのか」もしくは「なぜ私はこの人に惹かれ、この人を選んだのか」ということに対する自分なりの答えが見え始めます。

でも、その答えは完璧に出さなくていいです。未来でわかっていいのは半分まで。未来がわからないからこそ、未来に対して進んでいきたいと願えるから。

10月より少し力は緩めますが、まだまだ自分が追求していきたいものを追っていきます。

December 12月
12月

やさしい気持ち

12月に入り、「やさしい気持ち」を表すエメラルドが出ます。

この2016年を振り返った時に、あなたが何に取り組んできたかというと「白黒ハッキリつけようとしない」ということかもしれません。

あなたは「自分に何が期待されているかを察知して、その期待に合わせて今できるアクションをすぐにとる」というような、常に「何かしなきゃ!」と考えます。でも、今のあなたは「いちばん大事なのは私のリラックス。自分にやさしいこと」という姿勢にあります。

「自分がリラックスしていることがいちばん大事」と思える人って、「すべての人の期待に応えなくてもいい」ということができています。

あなたはこの1年間で、あなたが本来持っているやさしい気持ちに帰ることになります。

しいたけからの
魔法のメッセージ

あなたは、ちょっと「変わった人」くらいがちょうどいいと思います。「変な自分であってはならない」と強く思いすぎてしまうと、あなたが持つ魅力も半減してしまうから。あなたに接した人は、あなたが持つやさしさ、情の深さ、そしておもしろさを、ずっと覚えています。そしてまた思います。あなたのようなおもしろいものを持っている人に再び出会いたいって。だから、あなたは人と出会ってください。自分の殻になんか閉じこもらないでね。

ロマンティックな煌めきを纏い、 三吉彩花とミッドナイトワンダー。
FASHION

ロマンティックな煌めきを纏い、 三吉彩花とミッドナイトワンダー。

夜の街に映える旬のメタリックやデコラティブな装飾にプリント……。夢の世界に迷い込んだようなロマンティックな煌めきを味方に、モデル&女優の三吉彩花がナイトアウト。

おしゃれ業界人のキャリアインタビュー更新中!
CAREER

おしゃれ業界人のキャリアインタビュー更新中!

毎日更新中の求人情報に、おしゃれ業界人のキャリアインタビュー、ワークスタイル講座ほか、モードなワークガールにお役立ちの情報満載!

FromVOGUE