本文へジャンプ

ナビへジャンプ

FASHION

東京it girlsの着回しリレー/Vol. 54 る鹿

of 10
  • つるんとしたベビーフェイス&黒髪のおかっぱがトレードマークの中国出身モデル、る鹿が着回しリレーに参戦! 「KEDS(ケッズ)」の王道スニーカーを取り入れた、高感度なストリートルックを披露。ルールに縛られることなく、柄もの、デニム、ワンピース……etc、感性の赴くままにミックスしてもクールにまとまってしまうのは、抜群の色彩感覚とスタイルがあってこそ。気になるカバンの中身や直筆のQ&Aまでしっかりお見逃しなく!
  • 「ボーイッシュなものもガーリーなものも好き。着ていて心地がいいものを、その日の感覚で選んで着てる」と彼女。今は断然オーバーサイズが気分だそうで、このフラミンゴで見つけたヴィンテージワンピも、フロントに大きなポケットが2つあしらわれたゆったりサイズ。グランジっぽいムードを意識して、柄はレトロな小花柄をセレクト。仕上げに「サンローラン」のベイビーダッフルを投入して、スマートなエッセンスをMIXさせたらフィニッシュ!

    着回しアイテム:スニーカー¥4,500/KEDS(ケッズ) その他/モデル私物
  • る鹿が着回してくれた「KEDS(ケッズ)」のキャンバススニーカーは、古くはマリリン・モンローやオードリー・ヘプバーンも愛用していた“チャンピオン”という定番モデル。オールホワイトのクリーンなルックスが、足元を清涼感たっぷりにブラッシュアップしてくれる。「シンプルだし何にでも合わせやすそう!」

    着回しアイテム:スニーカー¥4,500/KEDS(ケッズ) その他/モデル私物
  • 普段はパンツスタイルが多いという彼女が、次のボトムに選んだのは「オールドネイビー」のワイドデニム。そこにアロハなオープンカラーシャツを合わせ、ちょっぴり男臭さが漂うルーディーな着こなしに。「これはザラでみつけたメンズもの。私が着るとちょうどいいオーバーサイズになるの! 赤がポイントで入っているところも気に入ってる」。ノージェンダー全盛な今シーズン、彼女みたいにファストブランドのメンズものを活用するのも全然アリ!

    着回しアイテム:スニーカー¥4,500/KEDS(ケッズ) その他/モデル私物
  • オーバーサイズの開襟シャツも、タックインで着こなせば女子でもすんなりとフィット。細めのレザーチョーカーやゴールドのフープピアスなど、ディテールでフェミニンな要素をMIXさせれば、コーデの精度も一気にアップ。メイクは基本的にベースのみ。そこにロレアルのリップで差し色を入れるのが彼女のルール。

    すべて/モデル私物
  • 最後は「スリーピージョーンズ」のロングガウンと「マウジー」のバギーデニムを使って、ズルズルゆるゆるなノマド風ルックを披露。インナーは民族調のクロシェトップスでタイトに仕上げ、ウエストはガチャベルトでマークするなど、全体のメリハリもしっかりと計算。足元を「KEDS(ケッズ)」の白スニーカーで引き締めたことで、主張の強いスタイリングにクリーンなヌケが生まれ、ほどよく肩の力が抜けた絶妙なバランスに。

    着回しアイテム:スニーカー¥4,500/KEDS(ケッズ) その他/モデル私物
  • 胸元が大胆に開いたビスチェ風のトップスは「ザラ」のもの。「ヴィンテージっぽいクロシェ編みがすごく可愛い! 素肌に直接着るときは、上にガウンを羽織ってセクシーさを和らげます」。彼女みたいにループタイをプラスして、メンズライクなムードをMIXさせるのも面白い。

    すべて/モデル私物
  • 最後にる鹿のカバンの中身をちょっぴり覗き見! 「お財布はアレキサンダー・マックイーン。去年から使ってて、シャイニーなカラーと不思議なロゴの組み合わせが気に入っています。視力が悪いので眼鏡もマストで、今はオリバーピープルのボストンタイプを愛用中。黒猫のスマホカバーは友達がプレゼントしてくれたもの。実家で飼ってる猫のスシに似ててほっこりしちゃう(笑)。写真を撮るのも趣味だから、ペンタックスのフィルムカメラも常に携帯。カメラはほかにも2台持っていて、仲良しのエモン久瑠美ちゃんをよく撮ってる。今日もつけている赤リップはロレアル。発色がいいからシャネルのコーラル系リップとMIXして使っています」

    すべて/モデル私物
  • る鹿は中国出身の23歳。母国の大学で油絵やグラフィックを学んでいたが、マンガを通じて日本のカルチャーに興味を持ち、2年前に来日。友人がSNSにアップした写真が事務所の目に留まり、モデル活動をスタートさせた。物怖じしないアクティブな性格の持ち主で、暇を見つけては美術館に足を運んだり、写真を撮ったり、最近はスケボーも始めてみたりと、プライベートでもすっかり日本の生活を謳歌している模様。「モデルの仕事はすごく楽しい! だけどまたアートの勉強もしてみたい気持ちも少しあって……。タイミングが合えば海外に移り住んで、一から学び直すのも悪くないかなって思ってます(笑)」
  • 関連記事サムネイル

PHOTO : MUNEHIRO SAITO(S-14)  TEXT : YURI TANAKA  MODEL : RUKA

ロマンティックな煌めきを纏い、 三吉彩花とミッドナイトワンダー。
FASHION

ロマンティックな煌めきを纏い、 三吉彩花とミッドナイトワンダー。

夜の街に映える旬のメタリックやデコラティブな装飾にプリント……。夢の世界に迷い込んだようなロマンティックな煌めきを味方に、モデル&女優の三吉彩花がナイトアウト。

VOL 1:THE NEW SHADE  春の主役はモードに纏う、ピンク&ベージュ!
BEAUTY
NEW!

VOL 1:THE NEW SHADE 春の主役はモードに纏う、ピンク&ベージュ!

ブランド20周年を迎えたRMKの連載企画がキックオフ!第1回目は「ピンク」と「ベージュ」、究極の2色にこだわったコレクションを提案!

VOGUE GIRL PROMOTION

FromVOGUE