本文へジャンプ

ナビへジャンプ

FASHION

東京it girlsの着回しリレー/Vol.47 リー・モモカ

of 10
  • オリエンタルな顔立ちと凛とした佇まいで、ファッション誌や広告を中心に活躍しているリー・モモカがVOGUE GIRLに初登場。「A.P.C(アー・ペー・セー)」のデニムジャケットを主役にした、等身大のセルフスタイリングを披露。シノワズリなディテールなど、自身のルーツでもあるチャイナ的なエッセンスを取り入れた着こなしは、今季のキーワードともさりげなくリンク! クールビューティな外見からは想像もつかない、ギャップのある持ち物やQ&Aまで、たっぷりご堪能あれ!
  • 台湾と日本のハーフ、モモカの私服はオリエンタルがベース。「A.P.C(アー・ペー・セー)」のデニムジャケットも、詰襟に飾りボタンをあしらったチャイナシャツや刺繡入りのフラットシューズで、シノワなMIXコーディネートに昇華。「シャツはサンタモニカ、パンツはフラミンゴで見つけたユーズドです。人とかぶるのが嫌なので、基本的にワードローブは古着ばっかり(笑)」。彼女のバックグラウンドを彷彿とさせる、カンフー的なパンツスタイルが新鮮。

    着回しアイテム:デニムジャケット¥26,000/A.P.C(アー・ペー・セー カスタマーサービス) その他/モデル私物
  • 故郷・長崎の中華街で購入したというチャイナシューズは、蓮の花をモチーフにした細やかな刺繡がポイント。「ソールがラバー素材になっているので、しっかり外履きできます。値段もリーズナブルなのでオススメですよ」。シックなカラーパレットに赤がスパイスとなって、ひねりの効いた個性的な足元に。

    すべて/モデル私物
  • 続いて披露してくれたのは、マキシワンピを主役にしたレトロシックな着こなし。「普段はパンツが多いんですが、たまにはワンピースもいいかなと(笑)。これはフラッと入った古着屋で見つけて。修道女みたいな超ロング丈が気に入っています」。「A.P.C(アー・ペー・セー)」のジャケットは袖を通さずにラフに肩に掛け、手元にはヴィンテージのハンドバッグを。ドレッシーなIラインシルエットを、「コンバース」のオールスターでラフにハズしていたのも印象的。

    着回しアイテム:デニムジャケット¥26,000/A.P.C(アー・ペー・セー カスタマーサービス) その他/モデル私物
  • 「A.P.C(アー・ペー・セー)」ジャケットは、リジッドデニム特有のパリっとした質感、程よくストレッチが効いた美しいシルエットが魅力。普遍的なデザインなので、少しクセのある中華風バッグを合わせてもしっくりとフィット。「バッグはサンタモニカで見つけた掘り出しもの。友達が働いてるのでよく覗くんです」

    着回しアイテム:デニムジャケット¥26,000/A.P.C(アー・ペー・セー カスタマーサービス) その他/モデル私物
  • 「昔から少年っぽい格好が好きですね。シルエットはゆったりめ、あと動きやすいかどうかも重要。街を歩いてる小・中学生から、インスピレーションをもらうことも多いかも(笑)」とユニークな持論を語ってくれたモモカ。トップスはグレンチェックのパンツにタックイン、足元は「ザラ」のドレスシューズできめ、品よくマニッシュなイメージに。少しくすんだカラーパレットで仕上げることで、洗練されすぎない絶妙なレトロをキープしたところも彼女らしい。

    着回しアイテム:デニムジャケット¥26,000/A.P.C(アー・ペー・セー カスタマーサービス) その他/モデル私物
  • インナーのポロシャツは、モモカとアーバンリサーチのコラボで生まれたもの。襟元のボタンがチャイナ仕様になっていたりと、彼女ならではのこだわりが随所に。「デザインや色、ディテールまで細かくオーダーさせていただいた特別な1着です」。叔母から譲り受けたという味のあるベルトも素敵なアクセントに。

    着回しアイテム:デニムジャケット¥26,000/A.P.C(アー・ペー・セー カスタマーサービス) その他/モデル私物
  • クールな印象が強いモモカだけど、持ち物のセレクトは実にマニアック! アニメのキャラものが大半を占める内容に。「ポーチとパスケースはカードキャプターさくらのグッズ。大好きすぎて、家には数えきれないくらいのアイテムがあります。ちなみにスマホに付けてるチャームもさくらの魔法の杖(笑)。中国語で「福」という意味を表す縁起のいいお財布と、チャイナ柄のリップケースは台湾でゲット。向こうは物価も安いので、遊びに行くとついアレコレ購入してしまいます。マスクはアドベンチャー・タイムのというアニメのグッズ。かなりインパクト強めだけど、実際に付けて歩いてますよ(笑)」

    すべて/モデル私物
  • モモカは長崎出身の25歳。台湾人の父と日本人の母のもとに生まれ、20歳のときに上京。通っていたヘアサロンのオーナーに事務所を紹介され、モデルとしてキャリアをスタートさせた。凛としたイメージとは対象的に、いまだに方言が抜け切らなかったり、実はアニメや声優好きだったりと、周りに流されない個性的なキャラクターでファン層を拡大中だ。趣味は歌とギター、そして料理。「今後はバンドも結成してみたいし、中華料理店を営む父の意思を継いで調理師免許を取るのもいいかなと。人生1度きりなんで、いろんなことにトライしてみたいです」
  • 関連記事サムネイル

PHOTO : MUNEHIRO SAITO(S-14)  TEXT : YURI TANAKA  MODEL : LEE MOMOKA

マットリップでおしゃれを格上げ! レブロンの大人気リップに新色が登場!
BEAUTY

マットリップでおしゃれを格上げ! レブロンの大人気リップに新色が登場!

マット感と見たままの発色がかなうレブロンの大人気リップ「レブロン ウルトラHD マット リップカラー」に待望の新色が登場!おしゃれアーティスト、Miracle Vell Magicがトライ!

VOGUE GIRL PROMOTION

ロマンティックな煌めきを纏い、 三吉彩花とミッドナイトワンダー。
FASHION

ロマンティックな煌めきを纏い、 三吉彩花とミッドナイトワンダー。

夜の街に映える旬のメタリックやデコラティブな装飾にプリント……。夢の世界に迷い込んだようなロマンティックな煌めきを味方に、モデル&女優の三吉彩花がナイトアウト。

FromVOGUE