本文へジャンプ

ナビへジャンプ

FASHION

東京it girlsの着回しリレー/Vol.45 信太美月

of 10
  • バリスタ、プレス、モデルとして活躍する傍ら、テラスハウスの新シリーズに出演するなど、it girlとして注目を集めている信太美月がVOGUE GIRLに初登場! 「TEVA(テバ)」のプラットフォームサンダルを主役にした、アーバンサーフなスタイリングを提案。Tシャツやデニムといったオーセンティックなアイテムに、ヴィンテージやネイティブなアクセをなじませ、自分流に仕立てるセンスは彼女ならでは。ライフスタイルが垣間見える、バッグの中身やQ&Aと合わせてしっかりとチェック!
  • 「TEVA(テバ)」のスポーティなサンダルを、意表をつくオールヴィンテージなアプローチで攻略! 小花柄のシフォンブラウスとリーバイスの505は、表参道の古着屋、ロングビーチで購入。「人とあまりかぶりたくないのでユーズドもよく取り入れますね。ロングビーチは私が働いてるカフェからも近いし、L.A系のネイティブなセレクトも多いので、つい覗いてしまいます」。バッグは「グッチ」のヴィンテージで、お直しをして使っているほどお気に入りなのだそう。

    着回しアイテム:サンダル¥14,000/TEVA(デッカーズジャパン) その他/モデル私物
  • 美月が着回してくれた「TEVA(テバ)」のサンダルは、レザーのベルトにひび割れたようなプリントを施し、スタイリッシュにアップデートされた注目の1足。プラットフォームだからアーバンな着こなしとも好相性。「ベルクロで着脱もラクチンだし、ソールが厚いからバランスよく見えるし、フレキシブルに使えそう!」

    着回しアイテム:サンダル¥14,000/TEVA(デッカーズジャパン) その他/モデル私物
  • 続いて披露してくれたのは「ミスティック」のレースのマキシスカートを取り入れた女性らしいルック。とはいえ、甘くなりすぎないように「リーバイス」のGジャンや「チャンピオン」のビッグTで、彼女らしいイージーなムードをMIX。「ジャケットもTシャツも弟から拝借したもの。体型が似ているので、よく貸し借りしてるんです(笑)」。レディ×ベーシックを上手く融合させつつ、足元は「TEVA(テバ)」でスポーツサンダルで軽快に仕上げたところもポイント。

    着回しアイテム:サンダル¥14,000/TEVA(デッカーズジャパン) その他/モデル私物
  • 仕上げにインディアンジュエリーでオリジナルなスパイスを。中指のターコイズリングは下北沢の「ホワイトバッファロー」で購入した1点もの。「欲しいものがたくさんあって、足を運ぶたびにあれこれ買っちゃいますね」。親指のリングは「クロムハーツ」。細めながらもアイコニックなクロスモチーフが迫力たっぷり。

    すべて/モデル私物
  • 「Tシャツにショーパン、ガウンを羽織るのは春夏の鉄板ですね。バランスよく見えるし、着ていてめちゃくちゃラクなんです!」と美月。チェック柄のヴィンテージのガウンに、切りっぱなしの「リーバイス」のデニムショーツを合わせ、L.Aのローカルな女の子風にスタイリング。「マウジー」のVネックTでデコルテにヌケをつくったら、髪はゆるく束ねて「ブリクストン」の帽子の中にイン。顔回りをすっきりさせることでスタイリッシュな印象もアップ。

    着回しアイテム:サンダル¥14,000/TEVA(デッカーズジャパン) その他/モデル私物
  • 細部のディテールにも美月流のこだわりが。ウエストはメキシカンなビーズベルトでマークし、手元には「ジバンシー」の腕時計をセット。「カーキのナイロンベルトとリッチな文字盤のギャップに惹かれて購入しました。華奢なデザインよりも、メンズっぽいタフなデザインのほうが私には合うみたい!」

    すべて/モデル私物
  • 最後に「グッチ」のバッグの中身をのぞき見! スケジュール帳はロフトで購入した薄型タイプで「グリーンフィンガーズ」のペンとともに愛用中。「エー ディー エス アール」のサングラスは、べっ甲柄のフレームが気に入り購入。レザーの長財布はパパと交換したもの(!)で、キーケースは「ルイ・ヴィトン」のヴェルニ。写真を撮るのが好きな彼女は、デジカメも常に携帯。「いま1番のお気に入りは、ニコンのクールピックスAW130。防水防塵のタフなつくりで、おまけに水深30mでも撮影が可能。サーフィンはもちろん、ダイビングのときにもすごく活躍しています!」

    すべて/モデル私物
  • mizuki_note
    mizuki_note
  • 美月は千葉県生まれの23歳。体育大学在学中からスポーツモデルとして活躍し、卒業後はサッカー関連のエージェントに就職。PRを担当する傍ら「ラテスト 表参道」でもバリスタとしても働き、人気番組「テラスハウス」のメンバーに抜擢されたことにより、一躍注目を浴びることに。プロサーファーだった父親の影響もあり幼い頃から海が大好きで、趣味はサーフィンやダイビング。将来は仲間が集えるようなショップを持つことが夢だという。「自分の好きな服や小物をセレクトして置いて、そこにツールとしてコーヒーがあれば最高だなって。いつか実現できたらいいですね!」
  • mizuki_note
  • 関連記事サムネイル

PHOTO : MUNEHIRO SAITO(S-14)  TEXT : YURI TANAKA  MODEL :MIZUKI SHIDA

ロマンティックな煌めきを纏い、 三吉彩花とミッドナイトワンダー。
FASHION

ロマンティックな煌めきを纏い、 三吉彩花とミッドナイトワンダー。

夜の街に映える旬のメタリックやデコラティブな装飾にプリント……。夢の世界に迷い込んだようなロマンティックな煌めきを味方に、モデル&女優の三吉彩花がナイトアウト。

ブランド誕生20周年を迎える「RMK」から、春夏コレクション「COLOR CHANGE」がデビュー!
BEAUTY

ブランド誕生20周年を迎える「RMK」から、春夏コレクション「COLOR CHANGE」がデビュー!

記念すべき20周年のアニバーサリーイヤーの春夏コレクションのテーマは、“ピンクとベージュ”。今をときめく双子のitモデルをメインビジュアルに起用し、新たな風を吹き込むコレクションを展開する。

VOGUE GIRL PROMOTION

FromVOGUE