本文へジャンプ

ナビへジャンプ

FASHION

東京it girlsの着回しリレー/Vol. 38 入夏

of 11
  • モデル界きってのファッションアディクト、入夏が着回しリレーに初参戦! 今春デビューしたばかりのブランド「STYLING/(スタイリング)」のラップスカートを使った、高感度な着回しを披露。パンクファッションを軸に、モード、カジュアル、ボーホーと様々なテイストを自在にミックスさせた着こなしは、泣く子も黙る完成度の高さ! 意表をつくレイヤードテクや、パンチの効いた小物テクにフォーカスしながら早速チェック!
  • コットンリネンの風合いが心地いい「SYTLING/(スタイリング)」のロングスカートは、「オールセインツ」のライダースや「ユニフ」のモヘアニットで、エッジィな味付けに。トップスの下から「モンキ」のブラを透けさせ、一筋縄ではいかないレイヤードを披露したところにも注目。足元のブーツは「ミュウミュウ」。「パンクなスタイリングにハイファッションの要素を少し取り入れたい。そんなときにこのブーツが大活躍!」

    着回しアイテム:ラップスカート¥31,000/STYLING/(スタイリング/ 表参道ヒルズ店) その他/モデル私物
  • 難易度の高いウエストポーチをさらりと取り入れ、格の違いを見せつけてくれた入夏。しかもポーチは彼女によるリメイク! 「エイチ アンド エムで買ったものに、スタッズやビジューをつけてアレンジしました。リメイクが昔から大好きで。撮影の待ち時間を利用してやっちゃうことも多いです」

    着回しアイテム:ラップスカート¥31,000/STYLING/(スタイリング/ 表参道ヒルズ店) その他/モデル私物
  • 「今回の着回しの中では1番ナチュラルな格好」と披露してくれたのが、「エイチ アンド エム」のリブニットに、「アンバサダーズ バイ バージニア」のスリッポンを合わせたこのルック。「STYLING(スタイリング)」のラップスカートを、マスタードカラーでサンドして、仕上げにショルダー&サングラスをプラス。「黄色って取り入れるのが1番難しい色だけど、あえてメインカラーにして潔く取り入れちゃったほうがイケてると思う!」

    着回しアイテム:ラップスカート¥31,000/STYLING/(スタイリング/ 表参道ヒルズ店) その他/モデル私物
  • ロングヘアをばっさり切って1年。黒髪のショートがよくお似合いの彼女。「サングラスはいつも何かしらかけてるかな。今日はザラのものだけど、ほかにもブランド、ヴィンテージ問わず30個くらいはコレクションしてる」。クロス掛けしたショルダーバッグは「マルケス アルメイダ」。

    着回しアイテム:ラップスカート¥31,000/STYLING/(スタイリング/ 表参道ヒルズ店) その他/モデル私物
  • スタイリストの白幡啓さんがディレクターを務めるニューブランド「STYLING/(スタイリング)」のリネンスカートは、女性らしさ中にメンズ特有の潔さが添えられた、シンプルデザインが魅力的。「一見ガーリーなんだけど、切りっぱなしやスリットで、辛口に仕立てられているから合わせやすい!」

    着回しアイテム:ラップスカート¥31,000/STYLING/(スタイリング/ 表参道ヒルズ店) その他/モデル私物
  • 柔道着を思わせるジャケットは「ジーヴィージーヴィー」の新作。「ガウンが好きでよく集めてるんだけど、これは見た瞬間にピンときて。色も素材もドストライクでしたね」。バースデスで見つけたヴィンテージドレスと「STYLING/(スタイリング)」のスカートをマッチングさせ、極上のレイヤードルックに昇華。「髪をショートにしてからは、花柄だったりヒッピー要素を取り入れて、女性らしく仕上げるのにハマってます」

    着回しアイテム:ラップスカート¥31,000/STYLING/(スタイリング/ 表参道ヒルズ店) その他/モデル私物
  • 花柄ドレス×ラップスカートという女性らしいルックを「ドクターマーチン」の8ホールでパンキッシュにハズした入夏。「たぶんマーチンはスニーカーよりヘビロテしてる。歩きやすいし自分スタイルを作る上で絶対に欠かせないアイテム!」。ヴィンテージライクなチェリーレッドの色合いもナイス!

    着回しアイテム:ラップスカート¥31,000/STYLING/(スタイリング/ 表参道ヒルズ店) その他/モデル私物
  • ファッショニスタ、入夏のカバンの中身はとってもカラフル! 「イブ・サンローランのメイクポーチは、イギリスの親友とお揃いで購入。財布は高円寺の古着屋で購入したもので、手帳はシールを貼ってカスタムしています。スケジュールを記入するためのペンケースも欠かせません!」。1番上のどらやき型の物体はスピーカー。「クリスマスパーティのプレゼント交換で当たったの(笑)。アルティメット・イヤーズのものなんだけど、水に強いみたいで、お風呂でも聴けるからすごく便利なの!」

    すべて/モデル私物
  • 入夏は神奈川県生まれの22歳。小学生の頃からモデル活動をスタート、近年では高感度かつオリジナリティあふれる私服でも注目を集め、VOGUE GIRL世代のスタイルアイコンに。趣味は洋服のリメイクで、撮影で披露してくれたポーチ以外にもDIYしたアイテムは数知れず。「ファッションは私のすべて。どれだけクールな格好でいられるかが、生きるモチベーションにつながってる(笑)。いつかセレクトショップも手がけてみたいな」。おしゃれに並ならぬ情熱を燃やす彼女から、これからも目が離せない!
  • 関連記事サムネイル

PHOTO : MUNEHIRO SAITO(S-14)  TEXT : YURI TANAKA  MODEL : IRUKA @ NLINE

VOL 1:THE NEW SHADE  春の主役はモードに纏う、ピンク&ベージュ!
BEAUTY
NEW!

VOL 1:THE NEW SHADE 春の主役はモードに纏う、ピンク&ベージュ!

ブランド20周年を迎えたRMKの連載企画がキックオフ!第1回目は「ピンク」と「ベージュ」、究極の2色にこだわったコレクションを提案!

VOGUE GIRL PROMOTION

クールなルックが名刺代わり。 太田莉菜と最旬お仕事ワードローブ。
FASHION

クールなルックが名刺代わり。 太田莉菜と最旬お仕事ワードローブ。

スーツ、ペンシルスカートにトレンチコート。新シルエットや色をまとった個性派お仕事アイテムをモデル、太田莉菜がボス気分で着こなす!

FromVOGUE